ニュース
» 2009年03月23日 16時30分 UPDATE

BIも着実にアップ:CIOが重視するテクノロジーは仮想化――ガートナーの調査

ガートナージャパンは「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」で実施した2009年の課題に関する調査結果を発表した。同社は「ITコスト削減ではなく、ITを活用したコスト削減が必要」と提言している。

[ITmedia]

 ガートナージャパンは3月18日、「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」で実施した2009年の課題に関する調査結果を発表した。世界48カ国の1500人以上のCIO、日本からは61人のCIOが回答した。調査結果からガートナーは「ITコスト削減ではなく、ITを活用したコスト削減が必要」と提言している。

gartner1.jpg 2009年におけるビジネス面の優先度調査

 調査によると、日本のCIOが重視することとして、「既存顧客との関係強化」が2008年の4位から2009年はトップになった。グローバルでは08年が9位、09年も7位にとどまっており、日本特有の傾向となっている。

 グローバルでのトップは5年連続で「ビジネスプロセスを改善する」だった。日本では08年に1位になったが、09年は4位に退いた。

 日本とグローバルの両方で順位が高かったのは「企業コストを削減する」で、ともに2位に入った。日本ではトップテン圏外からの急上昇、グローバルでは08年の5位からのランクインだった。ガートナーは、景況悪化の中で経営トップがCIOやIT部門に、単純なITコスト削減ではなく、企業や組織全体のビジネス構造を見直し、コストを低減する役割を期待しているようだと分析している。

gartner2.jpg 2009年におけるテクノロジー面の優先度調査

 テクノロジー面の優先順位は、日本では「サーバおよびストレージ技術(仮想化)」が1位、グローバルでは3位だった。グローバルの1位は4年連続で「ビジネスインテリジェンス(BI)」。BIが根付かないといわれた日本でも2位に上がった。2007年の9位、08年の3位から着実に上昇している。

 その他、SOA(サービス指向アーキテクチャ)がグローバルの9位に対して日本は4位、クラウドコンピューティングが圏外から日本で10位に入った。クラウドコンピューティングについては、メディアが報じるほど注目度は高くないようだ。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆