連載
» 2009年04月02日 08時15分 UPDATE

エグゼクティブ会員の横顔:「スポーツドクターの育成が課題」――国立スポーツ科学センター・小松氏 (1/2)

オリンピックやWBCなどさまざまなスポーツ競技にチーム医師として帯同し、世界中を駆け回るスポーツドクターに、トップ選手とのコミュニケーションや後進の人材育成などを聞いた。

[伏見学,ITmedia]

 経営者やリーダー層に向けて情報発信する「ITmedia エグゼクティブ」では、日々の記事コンテンツだけでなく、エグゼクティブ会員向けにさまざまなサービスを提供している。オンライン上ではブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、リアルの場ではラウンドテーブルや勉強会などを開催し、会員同士の交流を図っている。新連載「エグゼクティブ会員の横顔」では、さまざまな分野で活躍する会員メンバーの仕事に対する心構えや考えなどを紹介する。

 第1回は、見事連覇を達成したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表チームにもスポーツドクターとして帯同した、国立スポーツ科学センター スポーツ医学研究部 副主任研究員の小松裕氏に話を聞いた。


国立スポーツ科学センターの小松裕ドクター。取材の数日前まで中国で行われた女子レスリングのワールドカップに帯同していた 国立スポーツ科学センターの小松裕ドクター。取材の数日前まで中国で行われた女子レスリングのワールドカップに帯同していた

転機となった広島アジア大会

――これまでの仕事の歩みを教えてください。

小松 地元・長野の信州大学医学部を卒業し、日本赤十字社医療センターで2年間研修医として過ごした後、東京大学の医学部附属病院で内科医として働いていました。ちょうど並行してスポーツとのかかわり合いを持つようになりました。研修医時代、日赤医療センターにアイスホッケーやバスケットボールなどのチームドクターがいて、ある日その先生が、米国のバレーボール選手だったフローラ・ハイマンの死因であるマルファン症候群の論文をまとめて学会で発表するよう誘ってくれました。それがスポーツ医学の世界に足を踏み入るきっかけとなりました。

 転機が訪れたのは1994年でした。バルセロナ五輪の野球チームに帯同した東芝病院スポーツ整形外科の増島篤先生に声を掛けてもらい、広島で開かれたアジア大会の野球日本代表に初めてチームドクターとして参加することになりました。チームドクターといえば整形外科医が主だと思うかもしれませんが、特に海外遠征では選手が環境の変化や食事などによって体調を崩すことが多いため内科医が必要なのです。当時はまだ野球においてもチームドクターのあり方は手探り状態だったので、バルセロナ五輪の際に増島先生は内科的な問題で大変苦労されました。その体験を踏まえ、わたしに白羽の矢が立ったのです。前後して全日本アマチュア野球連盟の医科学委員会に入るなどして、野球に深くかかわるようになりました。

 その後、アトランタ五輪の野球日本代表、シドニー五輪およびアテネ五輪では女子ソフトボール日本代表のチームドクターとして海外へ帯同しました。そうした仕事を通じて、国民に感動を与えるスポーツの力、素晴らしさを改めて実感しました。

 それまでは、内科医とスポーツドクターの2足のわらじだったのですが、スポーツの役に立ちたいという気持ちが日増しに強くなり、2005年に国立スポーツ科学センターにやって来たわけです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆