特集
» 2009年04月11日 08時45分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:粒度の高い経営戦略を――「マッキンゼー式 最強の成長戦略」

多くの企業はビジネスチャンスを大雑把にとらえており、それが成長の足かせとなってしまっている。実像を正確に把握し、粒度の高い経営戦略を打ち出すことが不況下の今求められている。

[ITmedia]

 企業が存続するために必要なもの――何よりもまず「成長」であることに疑問の余地はないだろう。世にあふれるビジネス書の内容は、誤解を恐れずに言えば「どうすれば会社が成長できるのか」という疑問に対する、さまざまな角度からの回答に尽きる。

『マッキンゼー式 最強の成長戦略』 著者:パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ 翻訳:斉藤裕一、定価:2310円(税込)、体裁:358ページ、発行:2009年2月、エクスナレッジ 『マッキンゼー式 最強の成長戦略』 著者:パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ 翻訳:斉藤裕一、定価:2310円(税込)、体裁:358ページ、発行:2009年2月、エクスナレッジ

 本書もまた、企業が成長するためには何をすべきかという方法論を提示する。著者は、世界最高峰のコンサルティングファーム、マッキンゼー&カンパニーで現場を仕切っている現役のディレクター2人と、同社のパートナーを務めた後、現在は自らのコンサルティングファームを経営する1人。現場を誰よりもよく知る彼らは、机上の空論に陥らず、本当に使える成長への処方せんを提供している。

 1つのキーワードが「グラニュラリティー」だ。グラニュラリティーとは、システムの構成部分の大きさを意味する言葉で「粒度」とも訳される。本来は工学分野などで使われる用語だ。地球を例に取れば、大陸→国→州→県→市→町→村というように粒度が上がっていく。では、成長のための粒度の高い経営戦略とは、どのようなものであろうか。

 著者によると、多くの企業がビジネスチャンスを大雑把にとらえていることが問題だという。特に大企業においては「今は中国が熱い」「医薬品は高成長産業だ」「高齢化がヘルスケアの需要拡大をもたらす」といった過度の一般化が顕著だが、実のところ、こうした考え方はほとんど役に立たない。

 成長産業の中にも、ほとんどの場合、成熟化したセグメントがある。逆に既に成熟し切ったと言われる産業にも、実は成長の機会が存在する。高齢化のようなメガトレンドも市場によってその実相は大きく異なることが見えてくるのだ。真の勝利の方程式は、市場のセグメントとそのニーズ、それを満たすのに必要な能力をつぶさに理解することからしか生まれない。

 「100年に1度の経済危機」と言われる今、守勢に回る企業は多いが、市場が収縮する不況の今こそ、継続企業は成長について真剣に考えるべきだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆