ニュース
» 2009年05月13日 18時37分 UPDATE

IDC Japan調べ:メガバンクのIT投資、09年度は最大20%減

2009年度のメガバンクのIT投資予算は、前年に比べて10〜20%落ち込む見通しだ。金融危機に端を発した業績不振から、大型の新規プロジェクトを先送りする動きが目立った。

[ITmedia]

 2009年度における大手金融機関のIT投資予算は前年度から最大20%落ち込む見通しであることが、調査会社IDC Japanの発表で明らかになった。

 同社によると、メガバンクなどの金融機関における2009年度のIT投資予算は、前年度に比べて10〜20%減少する。金融危機の影響でメガバンクの業績が急速に悪化したため、予定していた大型新規開発プロジェクトが先送りになったことが原因。2007〜2008年に着手した大型プロジェクトの多くが完了したことも影響している。

 一方で、地方銀行、信用金庫、信用組合の一部では勘定系システムの刷新やシステムの共同化などの案件が進む。保険金の不払い問題が起きたことで、保険会社が基幹系システムなどを刷新する動きも出ており、大手以外の金融機関のIT投資は堅調に継続する。

 2009年度の投資項目を見ると、「次世代勘定系システム」(23.1%)、「顧客管理システム」(16.9%)、「インフラ統合」(16.3%)の回答率が高かった。顧客管理システムおよびインフラ統合を進める動きは、多くの金融機関が顧客の囲い込みとシステムの効率改善を図っているため。

 大手を中心にIT投資が大幅に抑制される中、大手以外では経営戦略にひも付いた分野での投資が陰りを見せない。IDC JapanでITスペンディング マーケットアナリストを務める市村仁氏は「ITベンダーは上流工程から参画し、金融機関が抱える経営課題を詳細に把握する必要がある」と発表文内でコメントしている。

金融機関における2009年度のIT投資重点項目 金融機関における2009年度(会計年)のIT投資重点項目(出典:IDC Japan)

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆