ニュース
» 2009年05月18日 12時08分 UPDATE

機内検疫に驚く外国人:新型インフルエンザ、消費者行動に影響

旅行口コミサイトを運営するフォートラベルは、2009年ゴールデンウィーク(GW)の旅行について聞いた動向調査の速報を発表した。新型インフルエンザなどの理由で海外旅行を取りやめた人が多かった。

[ITmedia]

 新型インフルエンザの感染者が5月18日にかけて日本でも90人台に達したと報じられられた。IT関連各社も出張を自粛するなどの対策を講じている。企業はもちろん、消費者の行動にも影響を及ぼしている。ネット上で旅行口コミサイトを運営するフォートラベルは同日、2009年ゴールデンウィーク(GW)の旅行について聞いた動向調査の速報を発表。新型インフルエンザなどの理由で海外旅行を取りやめた人が15.8%に上ったとしている。日本に来る外国人にも、成田の機内免疫後にマスクを装着する姿が目立っている。

influ.jpg 米国からの成田到着便で実施されている検疫の様子(撮影は5月15日)。米国内でマスクをする人の姿はほとんどみられないが、日本到着後、成田の機内検疫後に配られたマスクをほとんどの外国人が装着して入国手続きに進んだ

 調査によると、GWは「自宅中心で過ごした」が最も多く41.1%、続いて「国内旅行(16.8%)」「日帰り旅行(11.9%)」だった。海外旅行を計画していたが取りやめたという人は、海外旅行計画者の15.8%で、理由として「新型インフルエンザ」を挙げた人は約3割に上った。

 海外旅行に行った人の旅行日数の平均は6.6日。行き先が判明した283人のうち、約6割が中国、タイなどのアジア、約2割が欧州に出かけた。新型インフルエンザの感染者が多い北米は1割以下だった。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆