ニュース
» 2009年06月04日 15時11分 UPDATE

2009 JavaOne Conference Report:開発者のつくる携帯向けアプリをユーザーに提供 ソニー・エリクソン

ソニー・エリクソンはモバイル端末向けのコンテンツ配信サービス「Play Now」において、アプリケーション販売を開始すると発表した。

[伏見学,ITmedia]

 米Sun Microsystemsが開催している開発者向けイベント「2009 JavaOne Conference」。2日目となる6月3日(現地時間)の基調講演では、ユーザーおよびパートナー企業として携帯電話大手のSony Ericsson Mobile Communications(SEMC)が取り組みを紹介した。

新サービスを紹介したバイスプレジデントの坂口立考氏(左) 新サービスを紹介したバイスプレジデントの坂口立考氏(左)

 講演の中でSEMCは、同社のモバイル端末ユーザーに向けたダウンロードサービス「Play Now」において、開発者が提供するアプリケーションを販売していく方針を明らかにした。現在サポートする13カ国、38端末が対象となる。今年7月1日に開設予定のWebサイトにて、開発者からモバイル端末向けのアプリケーションを受け付ける。ユーザーはワンクリックで簡単にアプリケーションを購入できるという。

 Play Nowは2004年からサービス開始。着信音の提供から始まり、ゲーム、音楽など年次を追うごとにコンテンツを広げている。同社バイスプレジデントの坂口立考氏は「2009年にはムービー、そしてアプリケーションのダウンロードまでが可能になる」とし、「モバイルは人と人とのコミュニケーションを生み出す。素晴らしいユーザー体験(User Experience)を与えていきたい」と意気込んだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆