ニュース
» 2009年06月16日 08時00分 UPDATE

P&G、全世界で文書の出力業務を管理 TCOを25%削減へ

米Procter & Gambleは、世界各国の拠点における文書の出力業務などを管理し、TCOを最大25%削減する取り組みを始める

[ITmedia]

 米Procter & Gamble(P&G)は、世界各国の拠点における文書の出力業務を管理し、TCO(総保有コスト)を最大25%削減する取り組みを始める。オフィスにおける文書の出力環境を管理するサービス契約を米Xeroxおよび富士ゼロックスと結んだとして、2社が6月15日に発表した。

 P&Gが採用したのは「Xerox Office Services(XOS)」と呼ぶプリント管理サービス。これはXeroxおよび富士ゼロックスが提供するサービスで、プリンタや複写機、FAXなどのオフィス出力機器を対象に、いつ、どのように文書を出力するかを管理する。P&Gは5年間のサービス契約を結び、出力に関連する消費電力を年間30%、紙の消費量を年間20〜30%削減する。

 従業員が新しい出力環境で業務を運営できるように、出力に関連する作業に必要な時間の短縮も支援する。オフィス出力環境の移行期間中に業務の中断を抑えるため、出力機器を利用するためプリンタドライバーのインストールを支援したり、消耗品の受発注ができるWebポータルサイトを立ち上げたりする。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 環境保護 | 富士ゼロックス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆