ニュース
» 2009年06月18日 12時15分 UPDATE

帝国ホテル東京、客室とレストランにイオン発生ユニットを整備

帝国ホテル東京は、プラズマクラスターイオンの発生ユニットを7月上旬から順次導入する。

[ITmedia]

 帝国ホテル東京は7月上旬から、ウイルスやカビ菌などを除去する効果があるプラズマクラスターイオンの発生ユニットを順次導入する。同システムを販売するシャープが6月16日に発表した。

 導入するのは「業務用空調ダクト収納型プラズマクラスターイオン発生ユニットシステム」。これは、空調システムから出る冷暖房の気流を利用して、プラズマクラスターイオンを室内に放出するもの。空調の吹き出し口の背面に取り付けて使うため、専用の送風ファンを新たに設置しなくてもいい。

 高濃度のプラズマクラスターイオンは、浮遊するウイルスやカビ菌、ダニのふんや死骸(しがい)、たばこや衣類に付いた汗のにおいなどを分解・除去する効果がある。

 7月上旬に17階のビュッフェレストラン、11月に現在改装中の7階の各客室に導入し、順次稼働させる。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

ウイルス | NEC(日本電気)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆