ニュース
» 2009年06月25日 16時22分 公開

厚生省や大阪府のサイト利用者が急増 新型インフルの影響で

日本では落ち着きを取り戻した新型インフルエンザだが、全世界では感染者が3万人を超えるなどいまだ危険な状態にある。こうした中、厚生省のWebサイトなどへのアクセスが急激に増えている。

[ITmedia]

 Webマーケティングを手掛けるネットレイティングスは6月25日、2009年5月のインターネット利用動向調査データを発表した。新型インフルエンザに関する情報を発信する厚生労働省大阪府など官公庁サイトへのアクセス数が急増していることが分かった。

 4月下旬にメキシコで発生した新型インフルエンザは瞬く間に世界中に広がった。5月には日本での感染が確認され、いっそう国民の関心が高まった。同調査によると、厚生省の5月のサイト利用者数は326万人で前月と比べて約145%(224万1000人)増加した。感染が目立った大阪府や兵庫県のサイトも前月より利用者が増えた。

サイト利用者数の推移 サイト利用者数の推移
人気ページランキング 人気ページランキング

 「今回のような非常事態発生時には、各機関は正確な情報を周知し混乱回避すべく、Webサイトによる早急な情報開示が必須となるだろう」と同社はコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆