ニュース
» 2009年07月02日 14時38分 UPDATE

経済危機によってビジネス機会が創出 GXS

全世界の企業に向けてアウトソーシングサービスなどを提供するGXSは、世界的な経済危機によって苦戦する企業が多い中、独自の強みを生かして着実に売り上げを伸ばしているという。

[伏見学,ITmedia]

 世界的な経済危機の発端となったリーマン・ショックから9カ月が過ぎた。世界経済は回復の兆しを見せるものの、いまだ予断は許さない状況にある。多くの企業ではコスト削減を最優先の目標に掲げて、業務プロセスを見直したり、設備や人材への投資を凍結するなどして、不況を乗り切ろうともがき苦しんでいる。

直近のビジネス動向を説明するGXS アジアパシフィック マーケティングディレクターのジェーン・チェン氏 直近のビジネス動向を説明するGXS アジアパシフィック マーケティングディレクターのジェーン・チェン氏

 そうした中、「経済危機によってビジネス機会が増えている」と話すのはGXSのアジアパシフィック マーケティングディレクターのジェーン・チェン氏だ。GXSは企業間取引(B2B)のアウトソーシングサービスやサプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューションをグローバルで提供するプロバイダー。企業がコスト削減を進めるにあたり同社への期待が高まっているという。「こうした経済環境において、企業はいかにうまくITを活用し、優れたSCMを構築していくかが重要だ」とチェン氏は強調する。

 GXSは、世界中の企業との取引で発生する各種情報の処理に不可欠なITシステムの整備を支援しており、ユーザーは全世界で3万5000社に上る。同社のシステムは業界ごとの多岐にわたるデータ標準を吸収し、各企業に合わせたデータフォーマットに自動変換するハブの機能を持つ。同社を経由すれば企業同士がリアルタイムでつながることが可能である。今同社が強みとしているのが金融業界向けサービスで、米国ではリーマン・ショック以降に銀行や証券会社などからの引き合いが増えており、売り上げも順調だという。今後は日本市場でも同分野に注力していく予定だ。


第8回 ITmedia エグゼクティブ フォーラムのお知らせ

エグゼクティブ フォーラム

世界的に厳しい経済環境にあっても“ニッポン企業”にはまだまだ底力があります。自らの事業を徹底的に見直し、変革し、今がチャンスと世界に目を向け、攻めに転じ始めている企業も少なくありません。

見直しや変革の対象は、これまで聖域として見られていた「情報システム」にも及んでいることはご存じのとおりです。情報システムをその発想から転換し、さまざまなITサービスを活用することによって、貴重なリソースをより多く本来の事業に振り向けることができます。「何をするべきなのか」「何をやめるべきなのか」を考えることで新たな戦略に向けた力を生み出すことができるでしょう。

第8回 ITmedia エグゼクティブフォーラムでは、ユニークな戦略で競争力を獲得している日本企業に贈られる「ポーター賞」の運営委員として知られる一橋大学大学院の大薗恵美准教授をお招きし、企業がとるべき「競争戦略」をテーマにディスカッションします。


お申し込み・詳細はこちらから。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆