ニュース
» 2009年07月22日 17時17分 UPDATE

東京エレクトロン、B2Bアウトソーシングサービスを導入

グローバル規模での商取引における受発注業務の効率化やシステム運用体制の強化を目的に、東京エレクトロンが新たにアウトソーシングサービスを導入した。

[ITmedia]
米GXSのシニアバイスプレジデント兼CMOのロバート・パトリック氏 米GXSのシニアバイスプレジデント兼CMOのロバート・パトリック氏

 半導体製造装置などを開発、販売する東京エレクトロンは、国内外企業との取引における受発注業務の効率化や情報システムの運用体制の強化を目的に、新たにアウトソーシングサービスを導入した。既に4月より利用を開始している。サービスを提供するGXSが7月22日に発表した。

 東京エレクトロンが導入したのは企業間取引(B2B)にかかわるシステム運用や人員、技術などを包括したアウトソーシングサービス「GXS Managed Services」。サービス導入によりシステムのメンテナンス業務が不要になるなど業務負荷が低減したほか、電子データ交換(EDI)業務の効率化や人材リソースの戦略的な活用が可能になったという。同社はRosettaNetを基盤としたデータ標準を採用しており、商取引におけるデータ形式の変換や通信に必要なソフトウェア、ハードウェアの構築や運用を自社の情報システム部門で行っていた。そのため、初期開発や機能拡張などの面で多くのコストやリソースを費やしていた。

 米GXSのシニアバイスプレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)のロバート・パトリック氏は「(東京エレクトロンのように)グローバルで多種多様な業界を相手に複雑な取引をしている企業ほどアウトソーシングの効果が出やすい」とメリットを語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆