連載
» 2009年09月02日 08時15分 UPDATE

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:これは戦争ではない、スポーツだ! (1/2)

10年前のNATO軍の空爆による傷跡が今も残るベオグラードの街。そこで出会った現地セルビア人の青年から大切なことを学びました。

[小松裕(国立スポーツ科学センター),ITmedia]

 セルビアの首都、ベオグラードで開催された「第25回 ユニバーシアード競技大会」は7月12日に閉幕しました。今回のユニバーシアードで、日本代表選手団は合計73個のメダル(金20、銀21、銅32)を獲得し、過去最高の成績でした。選手たちはたくさんのことを学び、これから立派なオリンピック選手に育って活躍してくれることでしょう。

 前回のコラムでは、国際総合競技大会の役割として、選手村での生活という普段とはまったく違う環境の中で試合を行い、世界で勝てる選手になるためには、たくましさを身につけなければならないという話をしました。しかし、選手たちが学んだことは、試合に勝つためのことだけではありません。世界各国から集まった選手たちと試合会場だけではなく選手村でも過ごしたほか、ボランティアとしてお手伝いしてくれたセルビアの若者と接したことで、国際親善や世界の平和に関して多くのものを学び取ったはずです。

 もちろん、勝つことは大きな目的ですが、これから国際スポーツ人として育っていく選手たちにとって、これらの経験もとても大切です。実際に日本代表選手団の編成方針や使命にも「参加各国・地域との国際・文化交流をはかり、友好を深め、国際親善・世界平和に寄与する」と明記されています。

ボランティアスタッフとも仲良くする

 選手村や競技会場では、チームごとに日本選手団の面倒を見てくれるボランティアのスタッフが付き添います。そのほか、競技の進行にかかわるスタッフ、輸送を担当するスタッフなど、さまざまなボランティアがかかわります。大会によっては、財政難であったり、人員不足であったりして、満足な大会運営が行われないことがあります。「試合会場に行くバスが時間通りに来ない」「練習時間が突然変更された」などということはしばしばです。

 試合に勝つためには、そうした状況に対して抗議したり、自分たちの権利を主張したりすることも大事ですが、運営する側も「お金がないのだから仕方ないじゃない」「全員がプロではあるまいし、一生懸命やっているのだから許してよ」といった言い分があります。適当なところで折り合いをつけて、スタッフたちと仲良くすることも、まわりを味方にするという意味で重要です。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆