ニュース
» 2009年10月01日 08時00分 UPDATE

Gartner Column:「コスト削減時代」に企業が本当にすべきこと (1/4)

未曾有の不景気によって、経営に自信を失う経営者が増えています。コスト削減という名目のもと、支出を減らそうとする企業も見受けられますが、それが正しい経営方針といえるのでしょうか。この時代にCIOやIT部門が着手すべきことについて、ガートナーが実施した調査を基に考察します。

[小西一有(ガートナー ジャパン),ITmedia]

 サブプライムローン破たんから始まった金融危機によって、多くの経営者が経営に対する自信を失っています。「コスト削減」という名目のもと、支出を抑えることだけに躍起になる企業も見受けられますが、それは本当に正しい経営方針でしょうか。

 ガートナーでは、2008年の10月中旬から12月の中旬まで「CIO アンケート調査 2009」を実施しました。この調査は全世界から1526人(国内61人)のCIO(最高情報責任者)から回答を集めました。回答したCIOが管理するIT予算は、1380億ドル(約13兆円)に上ります。また、国内61人のCIOでは合計1兆6000億円の予算を管理しており、1人当たり約260億円程度になります。

 今回の調査では「CIOの優先するビジネス課題」「CIOの戦略」「優先するテクノロジー」「IT予算」など例年のテーマを調査するとともに、特に「企業が目標達成をする能力を高める要因」という調査に注力しました。それぞれの調査結果を振り返り、企業が今直面しているビジネス上の課題を明らかにすることで、CIOや企業のIT部門が今こそやらなければいけないことを2回に分けて検証します。

CIOの優先するビジネス課題

 まずは「CIOの優先するビジネス課題」について見ていきましょう。表1は、全世界・全業種のCIOが優先課題のトップ5の1つとして選択したビジネスにおける課題のランキングです。1位は、4年連続で「ビジネスプロセスを改善する」となりました。このテーマは2005年も1位で、実は5年連続で1位となっています。

CIOの優先するビジネス課題 表1:CIOの優先するビジネス課題(出典:ガートナー)

 ビジネス上の課題として優先すべきことは、CIOの上司であるCEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)、場合によってはCOO(最高執行責任者)などから「優先的にこの課題に対処してほしい」と言われていることと同義であり、企業全体として取り組むべき優先課題とも言い換えられます。

 2位は「企業コストを削減する」になりました。経営トップは、CIOに対してITコストだけでなく、企業全体のオペレーションコストの削減に期待を寄せています。2008年の5位からの急上昇は、不透明な経済状況を反映した結果といえるでしょう。

 3位は「要員の業務効率を改善する」でした。2008年は6位、2007年は4位ですから、今年は優先度がいっそう上がりました。これも昨今の経済状況を受けた結果といえるでしょう。

 2008年の2位は「新規顧客を獲得し維持する」、第3位は「新商品や新サービスを開発する(イノベーション)」だったことから、ビジネス上の課題に対する企業の優先度は、企業の運営の効率化や合理化に転換したように見えます。現下の経済状況では、こうした急激な変化もやむを得ないとみるべきです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆