ニュース
» 2009年10月06日 13時13分 UPDATE

『7つの習慣』の要素を取り込んだリーダー育成プログラムが開始

フランクリン・コヴィー・ジャパンとプライスウォーターハウスクーパース HRSは、次世代リーダーの育成を支援するサービスで提携した。

[ITmedia]

 世界的なビジネス書『7つの習慣』などに基づいた研修プログラムを提供するフランクリン・コヴィー・ジャパン(FCJ)と人事コンサルティングのプライスウォーターハウスクーパース(PwC) HRSは10月5日、次世代リーダーの育成を支援するサービスを開始した。プログラムの実行期間は半年から1年で、費用は1000万円から。

新サービスの概要 新サービスの概要

 新サービスは研修と実践を組み合わせた能力開発プログラム。企業リーダーの後継者育成計画を策定、管理するとともに、適合性の高い候補者の選抜、フォローコーチングやマネジメント力向上研修などの能力開発、人事評価や再配置といった一連のサイクルをサポートする。FCJが以前より提供していたセルフマネジメントやリーダシップに関するプログラムに、PwC HRSのアセスメントによる人材選抜の支援や人事・教育制度の整備といったコンテンツを加えることで包括的なサービスが可能になるという。

 PwC HRSの鳥谷陽一ディレクターは「次世代リーダーを育成するにあたり、今まで多くの企業では短期間の研修、あるいは実践のやりっぱなしで終わっていた。研修だけ、単に経験を積むだけでは能力は伸びない。意識変革や気付きを誘発するトレーニングと具体的な仕事での実践を繰り返すことが不可欠だ」と話す。

 リーダー育成に対する日本企業の課題認識はどうか。日本能率協会が実施した「次代の経営者探求」に関する調査では、経営者の育成強化に向けて計画的な教育などを実施する企業は35.7%、将来の経営を託す人材が充足できている企業は24.8%にとどまった。

 FCJのブライアン・マーティーニ社長は「(縦割り組織など)文化的な背景から、日本企業においては仕事の仕組みの中だけはリーダーが育ちにくい」と強調した。

「次代の経営者探求」に関する調査「次代の経営者探求」に関する調査 「次代の経営者探求」に関する調査(出典:日本能率協会)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆