ニュース
» 2009年11月04日 08時00分 UPDATE

グリーンピース、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」を発表

国際環境保護NGOのグリーンピース・ジャパンは10月30日、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」を発表した。トップはノキア、日本メーカーで最もランキングが高かったのは5位の東芝だった。

[栗田昌宜,環境メディア]

 国際環境保護NGOのグリーンピース・ジャパンは10月30日、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」を発表した。

 同ランキングは、パソコン、携帯電話、テレビ、ゲーム機器を製造・販売する日本、アジア、欧米の大手メーカーを対象に、各社が公開している情報に基づいて、主に(1)有害化学物質の使用排除、(2)使用済み製品の回収・リサイクル、(3)気候変動対策――の3領域15項目で各社の取り組みを評価・採点してランキングするもの。2006年8月から4半期ごとに発表されており、今回で13回目の発表となる。

 今回の評価・採点の対象になった企業は、シャープ、ソニー、東芝、任天堂、パナソニック、富士通の国内メーカー6社と、アップル(アメリカ)、エイサー(台湾)、サムスン電子(韓国)、ソニー・エリクソン(イギリス)、デル(アメリカ)、ノキア(フィンランド)、フィリップス(オランダ)、マイクロソフト(アメリカ)、モトローラ(アメリカ)、レノボ(アメリカ)、HP(アメリカ)、LGエレクトロニクス(韓国)のアジア・欧米メーカー12社の合計18社。

 ランキングのトップはノキアで、(1)有害化学物質の使用排除では、2005年末からポリ塩化ビニル(PVC)を排除した新機種を発売し、さらに2010年初からはすべての新機種からあらゆる臭素化合物、塩化化合物、三酸化アンチモンを排除することを目指していること、(2)使用済み製品の回収・リサイクルでは、世界84カ国で約 5000カ所の使用済み携帯電話回収場所を提供していることや、廃棄製品の処理に関する詳しい情報を顧客に提供していること、(3)気候変動対策では、 2006年比で2009年に最低10%、2010年には18%のCO2排出量削減を公約していることなどが評価され、10点満点中7.5点を獲得した。

 国内メーカーでもっともランキングが高かったのは東芝。(1)有害化学物質の使用排除では、ノートPCの3機種が臭素系難燃剤(BFR)を排除した回路基板を搭載し、うち2機種はポリ塩化ビニルを排除した電源コードを採用していることや、2009会計年度末までに全製品からポリ塩化ビニルと臭素系難燃剤の使用を全廃し、2012年までにフタル酸エステル類、ベリリウム、アンチモンの代替物質を全製品に導入するを公約していること、(2)使用済み製品の回収・リサイクルでは、テレビとパソコンのリサイクル率が改善したこと、(3)気候変動対策では、2009年7月までに製品化したすべてのパソコンが非OS 搭載モデルを除いてエネルギースタープログラム5.0に準拠していることや、2008年11月以降に発売した液晶テレビはすべてエネルギースタープログラム準拠で、34機種は同仕様の省エネ基準を30%以上上回っていることなどが評価され、10点満点中5.7を獲得して5位にランクされた。

 一方最下位は任天堂で、同ランキングの責任者であるグリーンピース・インターナショナルエレクトロニクス・キャンペーン部門ヘッドのゼイナ・アルハッジ氏によると、有害化学物質の使用排除に関するポリシーが明確でないことや使用済み製品の回収をしていないことなどがその理由であるという。また同氏は、対象企業18社の中で任天堂だけがグリーンピースとの面会に応じていないなど、環境負荷の低減や情報公開に対して積極的でないと判断したこともその理由として挙げた。

 18社のランキングおよび得点は以下のとおり。

ランキング メーカー名 得点
1位 ノキア 7.5
2位 サムスン電子 6.9
3位 ソニー・エリクソン 6.5
4位 フィリップス 5.9
5位 東芝 5.7
6位 モトローラ 5.3
7位 シャープ 5.1
7位 ソニー 5.1
9位 アップル 4.9
9位 パナソニック 4.9
11位 LGエレクトロニクス 4.7(5.7-1)※
11位 デル 4.7(5.7-1)※
13位 エイサー 4.5
13位 HP 4.5
15位 マイクロソフト 2.7
15位 富士通 2.7
17位 レノボ 2.5(3.5-1)※
18位 任天堂 1.4

※ LGエレクトロニクス、デル、レノボは、有害化学物質使用排除の公約を撤回したことで、それぞれ-1のペナルティポイントが科されている


「環境に優しい電機メーカー・ランキング」の第13版。同ランキングは2006年8月から4半期ごとに発表されている 「環境に優しい電機メーカー・ランキング」の第13版。同ランキングは2006年8月から4半期ごとに発表されている

 ランキングの詳細資料は、グリーンピース・ジャパンのサイトからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆