連載
» 2009年11月12日 10時30分 UPDATE

内山悟志の「IT人材育成物語」:【第13話】アイデアの連鎖 (1/2)

奥山、宮下、阿部、浅賀の4名は、ブレインライティング法を使って課題の洗い出しを始めた。しかし、情報システムに関する知識のない経営企画部のメンバーはアイデア出しで行き詰ってしまう。

[内山悟志(ITR),ITmedia]

内山悟志の「IT人材育成物語」 前回までのあらすじ



 ブレインライティング手法でアイデアを洗い出すにあたって、書き出しの最初の1行目の設定が重要だという川口のアドバイスを受けて、4人は課題をまとめた模造紙から12枚のカードを選び出した。まずは、「○○が低下している」のように示された課題を、「○○を向上させる」という具合に単純に裏返して表現すれば解決策となるわけだ。

 すっかりリーダーの風格が出てきた奥山が課題のカードを読み上げながら、表現を裏返して解決策に変換し、それを宮下が手早く新しい付箋紙に書き留めていった。何回かの勉強会で作業を共にした2人の連携プレイは見事なものだ。アイデア出しやその取りまとめの作業を行う際、場を仕切って発言する人と、ペンを取って素早く書き出す人がそろうと生産性が格段に高まるものだ。2人の間には、暗黙のうちにそうした役割分担が出来上がっていた。

手法にも柔軟性が大事

 宮下は12枚のカードに書き出した解決策を各人に3枚ずつ配り、各々がシートの最上段に貼り付けた。「さて、ここからは沈黙のブレインストーミングの時間だ」という川口の合図に、4人は一斉にペンを取り、次の行のカード作成に取り掛かった。すらすらとサインペンが走る音が響き、1行目のカードを参考に2行目のアイデアが書き出されていった。

 数分経過したとき、今日が勉強会初参加である経営企画部の浅賀は筆を止め、川口に質問を投げ掛けた。「このカードに『システムの構造が柔軟性に富んでいる』とあるのですが、皆目見当がつきません。どのようなものでしょうか」。システム開発の経験がない浅賀にとって、情報システムの構造に関する解決策が浮かばないのも無理からぬことである。

 そこで川口は「真上のカードをヒントにするのが原則だが、思い浮かばないカードは無視して、残りの2枚から発展させたアイデアを書いて構わない。そのシステム構造に関するカードは、後で情報システム部の人にシートが回った時にきっと取り上げてもらえるだろう」とアドバイスした。

「なるほど、手法も柔軟に考えればいいのですね」と安心した表情の浅賀は、ほかのカードをヒントに3枚目のカードを記入した(図1)

<strong>図1</strong> ブレインライティングによる発散の途中経過 図1 ブレインライティングによる発散の途中経過
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆