ニュース
» 2009年12月11日 08時00分 UPDATE

三菱地所、新丸ビルの全電力をCO2排出量ゼロの「生グリーン電力」に切り替え

三菱地所は12月9日、出光興産が供給する再生可能エネルギー100%の「生グリーン電力」を2010年4月から「新丸の内ビルディング」で使用すると発表した。これによってCO2排出量を年間約2万トン削減する見込み。

[栗田昌宜,環境メディア]
環境メディア

 三菱地所は12月9日、出光興産が供給する再生可能エネルギー100%の「生グリーン電力」を、同社所有の大規模超高層ビル「新丸の内ビルディング」で2010年4月から使用すると発表した。

 生グリーン電力は、再生可能エネルギーを使って電気を起こす風力発電所や太陽光発電所などから直接需要家に送られたグリーン電力のこと。出光は青森県六ヶ所村の二又風力開発が風力で発電する生グリーン電力を、電力会社が保有・運用する送配電網を使って新丸ビルに直接供給する。三菱地所は新丸ビルで使用する電力のすべてを生グリーン電力で賄うことで、CO2排出量を年間約2万トン削減する見込み。

 両社によると、グリーン電力の環境付加価値を「グリーン電力証書」という形で購入するシステムはこれまでにもあったが、再生可能エネルギー100%の生グリーン電力を直接需要家が受電する取り組みは日本で初めて、としている。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆