ニュース
» 2010年01月15日 08時31分 公開

IBMのLotusLiveをパナソニックが採用へ、28万人ユーザー獲得

パナソニックがIBMのLotusLiveを採用し、メールや予定表をMicrosoftのExchangeから移行する。

[ITmedia]

 パナソニックが米IBMのクラウドベースのグループウェア「LotusLive」を採用する。IBMが1月14日、明らかにした。

 LotusLiveは、IBMがパートナー企業のために用意し、パートナー各社がSaaSプラットフォームとして顧客に提供するメール、ミーティング、メッセージング、コラボレーションアプリケーションのスイート。

 パナソニックは現在メール、予定表、連絡先管理に利用している米MicrosoftのExchangeをLotusLiveに移行するほか、社内でのWeb会議、ファイル共有、インスタントメッセージング、プロジェクト管理に同サービスを使う。またSNS機能の「LotusLive Connections」をパートナー企業やサプライヤーとのコミュニケーションに利用する。

 パナソニックはグローバル戦略を推進しており、全社員を世界規模に結びつける手段としてIBMのメールおよびコラボレーションプラットフォームを採用した。パナソニックの連結会社を含めた現在の全社員数は約28万4000人。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆