ニュース
» 2010年01月15日 12時15分 UPDATE

日本ケンタッキー・フライド・チキン、「新販売情報分析システム」を稼働

日本ケンタッキー・フライド・チキンはフライドチキン事業の販売実績を分析し、新たな販売施策に活用する専用システムの稼働を開始した。システムの基盤にはオンメモリデータベースを採用、データの分析、加工時間を2〜3日から5分程度に短縮した。

[ITmedia]

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、フライドチキン事業の販売実績を分析する「新販売情報分析システム」を構築し、このほど稼働を開始した。同システムの基盤となるオンメモリデータベースを提供した富士通が1月15日に発表した。

 新販売情報分析システムは、同社のフライドチキンの販売情報を分析し、新商品やサービスの開発につなげるマーケティング情報に加工する。システムの基盤として、富士通ビー・エス・シーのオンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3 Data Server」を採用。販売データをメモリ上に置いて分析できるのが特徴。同社は年間1億以上の明細情報を全社共通のデータウェアハウスに蓄積し、2〜3日をかけて種々のデータを分析していたが、新システムでは分析時間を5分程度に短縮できた。

 Oh-Pa 1/3 Data Serverに搭載されている専用のグラフィカルユーザーインタフェース「Oh-Pa 1/3 Data Analyzer」を使うことで、大規模なデータの加工や編集がしやすくなった。Excelとの連携も可能で、分析結果を出力する帳票作成の時間短縮にもつなげていく。

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、フライドチキン事業やピザハット事業などの販売情報を、全社共有の基幹システムに収集し、キャンペーンによる併売効果などの分析に活用していた。基幹システムから事業別に分析情報を引き出していたため、データの作成時間が長くなり、詳細な分析もできていなかった。こうした課題を解決するために、オンメモリデータベースを採用し、2008年6月にピザハット事業で新システムを構築。今回はそのシステムの活用を、ケンタッキーフライドチキン事業に拡張した。

新販売情報分析システムの概略図 新販売情報分析システムの概略図(出典:富士通)

関連ホワイトペーパー

富士通 | 基幹システム | データウェアハウス




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆