ニュース
» 2010年01月22日 08時00分 UPDATE

ITmedia リサーチインタラクティブ 第4回調査:コスト削減よりも売り上げ増に注力――変わるIT投資動向 (1/2)

ITmedia エンタープライズとITRは企業のIT投資動向をテーマにした読者調査を2009年12月に実施した。IT投資の重点課題では「売り上げの増加」が「コスト削減」を上回るなど、企業が守りから攻めの投資意欲を高めている傾向が見て取れた。

[藤村能光,ITmedia]

 ITmedia エンタープライズと調査会社のアイ・ティー・アール(ITR)は2009年12月、企業の「投資動向」をテーマにした読者アンケートを実施した。前年度からIT予算を増やした企業は約1割だったのに対し、減らした企業は半数に迫った。IT投資において重視する課題は「売上高の増加」が目立ち、ITのコスト削減を上回った。2009年は「コスト削減」が大々的に叫ばれた年だったが、企業はどういった目的でどの分野のIT投資を進めたのか。最新の調査結果から振り返る。

調査概要

  • 目的:2009年の企業のIT投資動向を分析、考察するため
  • 調査方法:Webによるアンケート。調査票の作成と結果の分析はITRが担当
  • 調査期間:2009年12月3〜18日
  • 有効回答数:169件

IT予算額の増減

 2008年に対する2009年のIT予算の増減を聞いたところ、予算を増やした企業は10.8%だったのに対し、減らした企業が46.7%と半数に迫った。予算が少なくなる中、IT投資において企業は厳しい舵取りを強いられていたことがうかがえる。売り上げ規模別では、「100億〜1000億円未満」の企業の予算減額が68.7%と目立った。

 2010年度の見通しでは、予算は2009年度と横ばいと答えた企業が半数に達し、減額を見込んでいる企業は減少傾向にある。「20%未満の増加」を見込む企業は昨年より少し増えたものの、全体では予算の増減について様子見の企業が多い。売り上げ規模別では「100億円以上」の企業で減額、「100億円未満」の企業では横ばいの傾向にある。

売り上げ規模別に見るIT予算額の増減 売り上げ規模別に見るIT予算額の増減(有効回答数164件)。出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年1月)
売り上げ規模別に見るIT予算額の増減 売り上げ規模別に見るIT予算額の増減(有効回答数164件)。出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年1月)

IT投資における重点課題

 IT投資において重視する課題の上位3つを聞いたところ、売り上げを中心とした企業経営に結びつく課題を挙げた企業が目立った。1〜3位の選択率では「売上高増大への貢献」が41.1%でトップ。「顧客サービスの質的な向上への貢献」を挙げた企業も29.2%に上った。

 売り上げの増加とともに、稼働するシステムや従業員の経費など、無駄をなくすコスト削減にも注力している。「ITコストの削減」が37.5%、「販売費・一般管理費などの業務コストの削減」が33.9%となった。

 「既存システムの統合性強化」(17.9%)や「情報の活用度の向上」(23.8%)も全体の2割前後となり、高い選択率となった。ばらばらに構築したシステムを統合して業務効率を高めたり、ため込んだ情報を活用して経営戦略を立案したいとする意向が回答結果に表れた。

IT投資で重視する課題 IT投資で重視する課題(有効回答数168件)。出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年1月)

IT投資に取り組む上での障害

 IT投資に取り組む上での障害や懸念事項は、「対応に見込まれるコストが高い」(39.5%)がトップ、2位が「人員が不足しており、既存システムの現状維持以上の力がない」(30.5%)だった。また「既存システムおよびインフラが煩雑化している」(28.7%)、「経営層がITに対して理解が乏しい」(28.1%)の回答率も高い。一方で、「ベンダーのサポートスキルやノウハウが不足している」という回答は4.8%と低かった

 IT投資が進まない理由は、社外の問題ではなく、自社のITガバナンス(統制)の弱さ、管理プロセスの未整備、スキルがある人員の不足など企業固有の問題であることが分かった。

IT投資に取り組む上での障害 IT投資に取り組む上での障害(有効回答数167件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年1月)

ITmedia リサーチインタラクティブでは2月5日まで、第5回読者調査「コラボレーション/コミュニケーションツール」を実施しています。2010年はメールシステムの入れ替えが起こるのか、情報系アプリケーションにおけるSaaSの活用は広がるかといったトピックを、皆さまの意見から明らかにします。回答ページはこちらをクリック


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆