ニュース
» 2010年02月10日 08時00分 UPDATE

伊予銀行、CO2排出権を1000トン単位で購入できる小口取引を仲介開始

伊予銀行は2月4日、住友信託銀行との信託契約代理店委託契約に基づき、中国新彊ウイグル地区の風力発電プロジェクトから発生するCO2排出権の募集を開始すると発表した。

[栗田昌宜,環境メディア]

 愛媛県松山市に本店を置く地方銀行の伊予銀行は2月4日、住友信託銀行との信託契約代理店委託契約に基づき、中国新彊ウイグル地区の風力発電プロジェクトから発生するCO2排出権(排出権特定金外信託)の募集を開始すると発表した。

 排出権の購入先は丸紅で、1口当たり1000トンのCO2排出権を1口単位で購入できる。1口当たりの払い込み金額は、申込口数が1口の場合は288万 7500円、2口の場合は241万5000円、3口以上は225万7500円。信託期間は信託開始日から2013年3月26日までで、取得した排出権は政府に無償供与するか、自らの管理口座で留保(信託期間中)/引き取る(信託契約終了後)かが選べる。

 募集期間は2月26日まで。募集口数は最高20口で、申込口数が20口に達した場合はその時点で募集を終了する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆