ニュース
» 2010年03月08日 14時25分 UPDATE

少額課金モデルの採用が鍵に 米デロイトのメディア業界予測

米デロイトは2010年のメディア業界予測レポートを発表した。

[ITmedia]

 有限責任監査法人トーマツが提携するDeloitte Touche TohmatsuのTechnology, Media & Telecommunications(TMT)グループはこのほど、2010年のメディア業界予測レポートを発表した。新聞および出版業界では、読者の行動様式に合わせたマイクロペイメント(少額課金モデル)の採用が進むとみられる。

 出版社や新聞社において業績低迷が叫ばれる中、同業界ではこれまで無料で提供してきたオンラインコンテンツを読者に対して課金するための戦略を検討している。その成功の鍵となるのがマイクロペイメントを採用し、そのモデルに適合したコンテンツを配信することだとDeloitte Touche Tohmatsuは分析している。

 また、2010年に全世界で電子書籍は1億冊、Amazonの「Kindle」をはじめとする電子書籍リーダーは500万台販売される見込みであるため、通信事業者やデバイス事業者は新聞社、出版社の意見を取り入れて、電子出版になじむ課金のあり方を検討すべきだとしている。

 同レポートは、Deloitte Touche Tohmatsuのクライアントとの対話や、世界の主要なTMT企業の幹部へのインタビューなどから得られた情報を基に作成している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆