ニュース
» 2010年04月08日 20時58分 UPDATE

富士フイルムHD、グループ企業のCO2排出量を2020年度までに30%削減

富士フイルムホールディングスは4月6日、地球温暖化対策活動の一環として、ライフサイクル全体のCO2排出量を2020年度までに2005年度比で30%削減するCO2削減目標を定めたと発表した。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 富士フイルム、富士ゼロックス、富山化学工業の持株会社である富士フイルムホールディングスは4月6日、地球温暖化対策活動の一環として、ライフサイクル全体のCO2排出量を2020年度までに2005年度比で30%削減するCO2削減目標を定めたと発表した。

 原料調達から製造、輸送、使用、廃棄・リサイクルまでの製品ライフサイクルの各ステージでCO2排出量の削減に取り組み、2005年度に国内外で年間約500万トンあったCO2排出量を2020年度には約350万トンに低減することを目指す。

 CO2排出量削減の主な施策は、(1)環境負荷の少ない製品の開発と普及(ステージ:原料調達/使用/廃棄・リサイクル)、(2)工場やオフィスにおけるCO2排出量削減(同:製造)、(3)3R(リデュース、リユース、リサイクル)の積極展開(同:原料調達/廃棄・リサイクル)、(4)物流の効率化(同:輸送)――で、(1)では現像処理を必要としない完全無処理CTP版など環境負荷の少ない材料製品の開発や、1台当たりの消費電力を2005年度比で80%削減したオフィス機器の普及を、(2)では自家発電設備の燃料転換や再生可能エネルギーの利用拡大、生産工程における省エネ技術の開発を、(3)では使用済み機械部品のリユースやリサイクル、生産過程で発生する端材などの原材料リサイクルを、(4)では輸送拠点・経路の最適化や積載率の向上、モーダルシフトの推進、梱包の軽量・コンパクト化、エコドライブを推進する。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆