ニュース
» 2010年05月17日 19時59分 UPDATE

SAP共同CEOが語るSybase買収の狙い

ドイツ・フランクフルトで開催中の年次イベント「Sapphire Now」の会場で、SAPのジム・ハガマン・スナベ共同CEOに買収の狙いについて聞いた。

[怒賀新也,ITmedia]

 独SAPは5月12日に、米Sybaseを58億ドルで買収すると発表した。5月17日、ドイツ・フランクフルトで開催中の年次イベント「Sapphire Now」の会場で、SAPのジム・ハガマン・スナベ共同CEOに買収の狙いについて聞いた。

 両社は2009年の3月に、iPhoneやWindows Mobile携帯などの携帯電話向けに、ビジネスソフトを提供することで提携すると発表していた。ERPやCRMを統合した「SAP Business Suite 7」をSybaseのモバイルプラットフォームで利用できるようにするという内容だった。


(以下、ジム・スナベ氏の談話)

 SAPがSybaseを買収した最大の理由は、Sybaseのモバイル技術の獲得とインメモリ技術への注力にある。

sapsnabe.jpg SAPのクラウドコンピューティングヘの取り組みである「SAP Business By Design」に関して、7月に最新版の「2.5」をドイツ、米国、フランス、中国、インド、英国の6カ国でリリースすることを明らかにした

 企業におけるコンピューティング環境は従来のデスクトップから、現在はモバイル分野へと急速に移りつつある。Sybaseにはモバイルデータベースなどのモバイル技術が豊富にあり、買収することでSAPは分析ソフトウェアなどの分野に加え、企業向けモバイル分野でも主導権を握れる。もちろん、Sybaseが持つ顧客ベースの獲得も目的の1つだ。

 もう1つの要因は、インメモリ技術への注力だ。SAPが持つインメモリ技術は他社を1年半ほどリードしていると考える。これをSybaseのモバイルプラットフォームで活用する考えだ。

 インメモリ技術を活用することで、データの処理能力は飛躍的に上がる。このため、従来とは異なるコンピューターの利用が可能になる。例えば、大規模なデータベースを参照した上で、分析結果からビジネス的なシミュレーションをするといった場合、もし処理が速ければ、同時に複数の戦略を策定し、比較できる。最も優れた戦略が見つかるまでシミュレーションするといった使い方ができるのだ。(従来の方法では、シミュレーション作成の処理が重いため、1つの戦略をつくるための作業負荷が大きい)

 つまり、インメモリ技術を前提にすると、アプリケーションの在り方を再定義する必要が出てくるのである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆