連載
» 2010年06月04日 14時00分 UPDATE

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:インドでのレスリング選手権にて (1/2)

腹痛などの体調不良者が必ず出るため、インドで開催したレスリング・アジア選手権へ内科医として帯同しました。今回も多くのことを学ぶ機会に恵まれました。

[小松裕(国立スポーツ科学センター),ITmedia]

 今回のコラムは、日本に帰国する飛行機の中で書いています。インドのニューデリーにおいて、5月12日〜16日の日程でレスリングのアジア選手権が開催され、チームドクターとして帯同しました。男子フリー、グレコローマン、女子でそれぞれ7階級、21人の選手が出場し、連日気合の入った熱戦が繰り広げられました。フリーでメダル4つ、グレコでメダル1つ、女子は全員メダルを獲得し、合計で金2、銀4、銅6という結果でした。詳細は日本レスリング協会のホームページをご覧ください。

 2カ月前、日本レスリング協会の医科学委員会の席上において、「下痢する選手が必ず出るインドはやっぱり内科医が必要でしょう」という師匠・増島篤委員長の一声で、わたしが帯同することに決まりました。滞在中の1週間、いろいろなことがありました。そして今、この原稿を書いているわたしのおなかはグルグル鳴っています。通路側の席で助かりました。成田に着くまで何回トイレに行くことになるのだろう……。

チームドクターの一日

 読者の皆さんは、チームドクターが毎日何をしているのかイメージがわかないと思います。そこで、大会期間中のわたしのある一日を再現しましょう。

 朝7時に起床し、今大会の団長であるモントリオールの金メダリスト・高田裕司さんとホテルの隣の公園を散歩します。前の晩、「先生、明日の朝一緒に散歩しようよ」お誘いを受けました。「今日も遅くなるだろうし、明日はゆっくり寝たいなぁ」と思いつつ、「オトモイタシマス」と直ちに答えたわたし。選手はもちろん、スタッフや協会の重鎮たちとのコミュニケーションはこの仕事をする上でとても大事だからです。朝7時といえども、ニューデリーはすでに30度を超えています(ちなみに、その前日の最高気温は43度でした)。

 ペットボトルを片手に水分補給しながら散歩して、シャワーを浴びてから朝食です。きちんとしたホテルですが、すでに下痢や発熱の選手が数人出ているため、選手たちが変なものを食べていないか気を配ります。部屋(トレーナーとの2人部屋)に戻り、仕事のメールを確認している間に、選手が2人、生理痛や風邪の症状で部屋にやってきました。

 午前11時にパトカーが先導するバスに乗り込みホテルを出発し、約30分で試合会場に到着しました。ウォームアップ会場に入り、選手たちは試合に向けてアップを開始します。試合が始まるまでの間は「ちょっとおなかが痛いんですけれど…」と訴えてきた選手に対応し、試合中はリングサイドで応援しながら、不測の事態に備えます。

 午後5時には、翌日の試合のための計量やメディカルチェックにやってきた選手たちに対応します。試合前のメディカルチェックというのは、試合で相手に感染させる恐れのある皮膚感染症などがないかどうか、大会のドクターがチェックするのですが、何かいちゃもんをつけられたときにはわたしが出て行き、問題ないことを証明するのです。

 午後6時からは決勝トーナメントが始まり、表彰式の後はドーピング検査の対象となった選手に付き添います。検査員の言葉を通訳し、ドーピング検査室で選手の権利がきちんと守られているかにも気を配ります。検査が終了して、バスに乗り込み、ホテルに着いたのが午後10時。それから食事をして、シャワーを浴びて、マッサージを受けている選手たちと雑談して、深夜2時くらいに就寝します。帯同時は大体このような毎日です。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆