ニュース
» 2010年07月16日 19時54分 UPDATE

リーマンショックが追い風に:基幹システムに入り込むRed Hat

米Red Hatのプラットフォーム事業部門トップ、ジム・トットン副社長は、Linuxビジネスの好調さと新製品のリリース予定について説明した。

[ITmedia]

 レッドハットは7月15日、記者向けのブリーフィングを開催し、来日した米Red Hatのプラットフォーム事業部門トップ、ジム・トットン副社長がLinuxビジネスの好調さと新製品のリリース予定について説明した。

rhat.jpg 来日したトットン副社長

 6月22日に発表した2011年度第1四半期の売上高は年成長率で20%増だった。利益は年率30%増。このうちアジア太平洋の割合は16%で、そのうち日本が65%を占める。リーマンショックを背景にしたコスト削減の波を逆手に取る格好で、順調に業績を伸ばしている。

 だが、成長の要因は不況だけではないという。東京証券取引所が年初から稼働させた売買システム「アローヘッド」の標準OSとしてRed Hat Enterprise Linuxを採用するなど、Linuxが、ミッションクリティカルな領域でも本格的に使われ始めている。信頼性が担保されるなら、コストの低さは強力な利点になる。

 クラウドコンピューティングと併せて、Linuxの活用が企業IT設計におけるキーワードに浮上しつつある状況だ。トットン氏は、仮想化機能や、プロビジョニングなどの技術の進展により、今後も「メインフレームやUNIX/RISC系のシステムからのリプレースが続く」とアピールする。

 2010年の末には、現在β2を提供中の「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6」を正式版としてリリースする予定だ。サーバ版とデスクトップ版の両方を提供、物理OSと仮想OSの両方に対応することなどが特徴だと同氏は話した。

関連キーワード

Linux | Red Hat | Red Hat Enterprise Linux | OS | β版


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆