ニュース
» 2010年08月06日 08時18分 UPDATE

三洋電機の環境対応車用リチウムイオン電池新工場が竣工――月産100万セル体制で生産開始

三洋電機は7月30日、兵庫県加西市の加西事業所内に建設を進めていた環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工したと発表した。当初は月産100万セル体制でリチウムイオン電池の生産を開始し、需要に応じて生産規模を拡大する。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 三洋電機は7月30日、兵庫県加西市の加西事業所内に建設を進めていた、ハイブリッド自動車(HEV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)など環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工したと発表した。

 新工場の延べ床面積は4万2831平方メートル(5階建て)、建屋工事費は約130億円(付帯工事費などは含まず)。当初は月産100万セル体制で環境対応車用リチウムイオン電池の生産を開始し、需要に応じて生産規模を拡大する予定。

 なお同社は、米フォード、本田技研工業、独フォルクスワーゲンにHEV用ニッケル水素電池を供給しているほか、HEV用ではフォルクスワーゲングループとリチウムイオン電池システム、仏PSA・プジョーシトロエンとニッケル水素電池システムの共同開発を進めている。またPHV用では、スズキが今秋から公道での実証実験を開始する「スイフト プラグインハイブリッド」に同社製リチウムイオン電池が搭載される予定。

sanyokakyoaa.jpg 加西事業所内に竣工した環境対応車用リチウムイオン電池の新工場

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆