ニュース
» 2010年08月18日 08時30分 UPDATE

Gartner Column:IT「あたま」を丸くしよう (1/3)

今回はいつもと少し趣向を変えて「ITコスト削減策」検討の際に重要なことを、皆様に思い出していただくために、ある企業の事例をお話ししましょう。

[小西一有(ガートナー・ジャパン),ITmedia]

Gartner Columnの記事一覧

 先月、内閣府から景気の谷のピークは2009年3月だったとの発表がありました。V字に回復しているとは言い難い様相ですが、まだまだ下がり続けているという感覚はなくなってきたようです。

 そんな中、ITコスト削減のみに一心不乱に取り組んでいらっしゃった皆さんも、少しは前向きな投資を考えられるようになってきているのではないでしょうか。とはいうものの、回復の速度や方法は各社各様ですから、同時にITコスト削減策についても準備しておくことが求められていると思います。

 今回は、いつもと少し趣向を変えて「ITコスト削減策」検討の際に重要なことを、皆様に思い出していただくために、ある企業の事例をお話ししましょう。これはわたしの苦い経験の1つでもあります。

 某大手製造業のIT部門長さんとお会いした時のことです。この部門長さんは、わたしに「当社は、各部門が日々継続的にコスト削減に励んでおり、IT部門も例外ではありません」とお話してくださいました。わたしは、瞬時に他企業でも適用できそうな、コスト削減策についてのヒントをいただきたいと思い、「素晴らしいお話ですね。どのようなお取り組みをされているのか、いろいろとお聞かせ願えませんか」と、思わず身を乗り出してお伺いしました。

 彼は、最初にこう言いました。「当社のIT予算は、年間○○○億円で、大雑把に言うと、そのうち約70%が人件費で20%程度が減価償却費で10%が保守費用なのです」それを聞いたわたしは、次のように尋ねました。

 「概ねで良いのですが、現在のビジネスを運用する(run the business)費用と、現在のビジネスを成長させるため(grow the business)の費用と、ビジネスを変革する(transform the business)費用とに分けるとそれぞれ何パーセント程度になるでしょうか」

 すると、間髪を入れずにこう答えてくれました。「ほぼ100%が、現在のビジネスの運営のために使われています。しかも、コストを削減するために、昨年度から基本的に新規の案件は全て凍結したし、IT部門の者達には残業しないように勤務するよう命じている」と。

 なるほど、そういうことかと感心したり、驚いたり。ちょっと唖然としているわたしに、彼はこう続けました。「ガートナーさんなら、更なるコスト削減方法を提案してくれるでしょ?」とお尋ねになりました。

『いやぁ、こまったぁ。彼の言っていることが本当だとするならば、どこに削減のチャンスがあるだろうか・・・・・・』

 実は、この企業の売上高や従業員数など基本的な情報は、訪問前に調べてありましたので、(わたしはあまりこの数字が好きではないのですが)売上高とIT費用の比率をザックリ計算してみました。すると、約0.3%程度になっていて、同業種の中では相当に費用を使っていない方だとすぐにわかりました。どうやら、ERPパッケージを導入して運用しているのと電子メールサーバーの構築・運用以外は、殆どIT化に注力していないように見えます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆