ニュース
» 2010年08月24日 12時43分 UPDATE

経営者がゼロから分かるコンピュータ:経営者のための「超」iPhone入門 (1/3)

今回は旋風を巻き起こしているiPhoneについて、その理由をビジネスでの利用可能性について「“超”iPhone入門」として勉強します。

[松永 エリック・匡史,ITmedia]

iPhoneは話題だけど……

 AppleのiPhone4が6月に発売になり、銀座のApple Store前には500人を超える行列ができました。テレビでこの光景を目にされた方も多いと思います。世界中にiPhone旋風が巻き起こっているのはなんとなくお分かりかと思いますが、そもそもiPhoneって何モノなのかお分かりですか? もし自分の会社には無関係の話だと思っていたら、重症ですよ!今回はiPhoneに乗り切れない経営者の皆さまのために、「“超”iPhone入門」ということで、今さら聞けないiPhoneについて勉強していきましょう。

スマートフォン?賢い電話?

 iPhoneを一言で言えば電話ということになりますが、皆さんがお持ちの一般的な携帯電話(フィーチャーフォンと呼ばれています)と何が違うかと言えば、出身が違います。ゴルフの世界で例えれば、ジャンボ尾崎こと尾崎将司選手も、石川遼選手もプロゴルファーですが、幼少時代からゴルフで育った石川選手と違い、尾崎選手はプロ野球出身です。

 フィーチャーフォンと呼ばれるいわゆる一般的な携帯電話は、電話の機能を基本としながら、インターネット接続機能などコンピュータのさまざまな機能を装備し、今の形になりました。iPhoneは、Appleのコンピュータ(マッキントッシュ)が基本になり、コンピュータの機能に電話機能が追加されて誕生しました。結果として現時点では機能的に一般的な携帯電話とiPhoneは大変似ているものです。

電話+コンピュータ=フィーチャーフォン、コンピュータ+電話=iPhone

 スマートフォンをインターネット(wikipedia)で調べてみます。

 「スマートフォン (Smartphone) は、携帯電話・PHSと携帯情報端末 (PDA) を融合させた携帯端末。通常の音声通話や携帯電話・PHS単独で使用可能な通信機能だけでなく、本格的なネットワーク機能、PDAが得意とするスケジュール・個人情報の管理など、多種多様な機能を持つ」

若手社員にiPhoneって何だ? スマートフォンとは何だ? と質問すると上のような答えが返ってくると思いますが、正確ではありません。実際にはフィーチャーフォンにもインターネット機能はありますし、スケジュールや個人情報管理の機能も使いきれないくらい整備されています。では、iPhoneをどう理解すればいいか、この記事を読まれた皆さまはスマートに簡単に答えてしまいましょう。

「iPhoneはコンピュータで電話機能がついているもの」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆