ニュース
» 2010年09月15日 15時36分 UPDATE

QlikTechが日本法人設立、BIの潜在需要に勝機見出す

BIソフトウェアを提供する米QlikTechが日本法人を設立した。

[ITmedia]

 ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアを提供する米QlikTechは9月14日、都内で記者発表会を開催し、日本法人としてクリックテック・ジャパンを同日付けで設立したと発表した。

qt.jpg 来日した米QlikTechの上級副社長、レス・ボニー氏

 QlikTechは7月16日に米Nasdaqに上場。上場初値は10ドル前後だったが、1カ月で2倍の20ドルに達した。来日した米QlikTechの上級副社長、レス・ボニー氏は「テクノロジー企業として、2年前のSalesforce.com以来の注目を集めている」とアピール。獲得顧客数は2010年6月時点で1万5000社に上っている。

 日本法人の社長には、QlikViewの日本総代理店で、新会社と1月に統合したサイロジックの垣田正昭氏が就任した。

 既に日本でも、アシックス、NTTデータ、クレディセゾンなど120社が導入しており、1企業当たりのユーザー数は数人から2800人規模にいたるまでさまざまという。

 ボニー氏はIDCによるBI市場の調査結果を引き合いに出し「潜在的な購入ニーズを100とした場合に、BIソフトウェアを購入した企業は28%でしかない。つまり、残りの72%は成長機会として残っている」とBI市場と自社の成長性を強調した。

 ユーザーの1社であるクレディセゾンでは、中間集計や分析パターンの設計といったシステム要件定義が不要になったため、導入やメンテナンス費用が大幅に減少したとして、垣田氏は導入効果について説明した。

 QlikTechのBIソフトウェアである「QlikView」の特徴は、インメモリ技術を活用している点にある。

 ディスクへのアクセスが前提の従来型BIの場合、自社が持つ数億にも上るデータを絞り込むため、必要な情報を分析して取得するための中間データとして「キューブ」を生成する必要がある。ディスクアクセスの場合、処理速度の問題で億単位のデータをいきなり参照しにいくのは現実的ではないからだ。

 一方、メモリアクセスは、ディスクアクセスよりもはるかに高速であるため、中間データを作成することなく、膨大なデータを直接参照して分析できる。結果として、QlikViewでは営業担当者をはじめあらゆる業務ユーザーが好きな時に、数億のデータを直接参照して自分独自の顧客リストなどを取得できる。すべて自分の手で、試行錯誤をしながら好きなだけ探せるのは大きな利点だ。従来型BIでは、キューブ作成などを情報システム室に依頼するなどユーザー自身でデータ分析を完結できないことが多い。それが面倒になり、使わなくなってしまうケースも少なくないようだ。また、キューブも時間とともに精度が落ちるため、定期的なメンテナンスが必要になる。

 BI市場において、ETLやデータウェアハウスなどを介す従来型の手法に対して、そうした仕組みを介さないインメモリ技術のBIがユーザーにとっての新たな選択肢になりそうだ。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆