ニュース
» 2010年09月30日 16時39分 UPDATE

ビジネスマンの悩み相談室:ネガティブな思考をする部下に悩む上司 (1/3)

暑い夏がようやく終わり、やっと秋を迎えた。秋は人事異動の季節でもあり、新しいチームでスタートをするという人もいるだろうか。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!



 何につけて、覇気がなく、何につけてネガティブなことを言う部下がまわりにいないだろうか。なぜ彼らはそのような行動を取るのだろうか。脳の使い方に問題があるとわたしは考えている。今回はそのことについてお話ししたい。

事例

 ある部品メーカーのL課長は部下のF君のことで頭を悩ましていた。何か意見を求めると「できません」「無理です」と口にし、何かを提案する同僚がいると「そんなこと無理だよ」というのである。

 L課長はある案件でF君に話をした。

 「F君、先日伺った○○社だけれど、行ったときには特に頼む案件はないと言われたけれど、何かあったらと言ってくれたよね。もう1度当たってみるのはどうだろう?」

 「いや、あの担当者はいつも社交辞令でそういうことを言うので、もう1度行っても同じことを言われるだけですよ」

 ある会議では、商品に関する知識を高めるために勉強会を立ち上げようと提案するMさんに対して、F君は次のように発言した。

 Mさん「わたしたちが扱っている○○商品は他社も類似品を出すようになり、どのように差別化をしたらいいか研究をしないといけないと思うので、勉強会をするのはどうでしょうか」

 F君「勉強は個人でやったらいいではないですか。やる必要はありませんよ」

 L課長は、実はF君を買っている部分もあった。「無理です」といつも発言するものの、仕事を任せてやらせてみると、うまく仕上げてくれることもあるからである。

 しかし、F君の発言や言動が周りに悪影響を及ぼしているとL部長は考えており、どうにか打開できないかと考えていた。


脳の取り扱い方が悪い

 なぜこのようなネガティブなことを言うのだろうか。それは、その人の脳の取り扱い方が悪いからである。

 人間の脳は非常に優秀で、とても創造性がある。自分が思い描いた通りになるのだ。何かを目指せば、それに向かって追跡ミサイルのように進んでいく。記憶という面ではコンピュータが断然に優れているかもしれないが、雑多なことを考えながらそれらを組み合わせて、新しいものを生み出していく力は、人間の脳のほうがはるかに優れている。

 いつもネガティブなことを発言している人たちは、脳をうまく使っていないのである。人間は1日に6万回も考えごとをしているそうで、そのうち95%は同じ事柄だという。また、そのうちの80%はネガティブなことだそうだ。ネガティブなことを毎日のように考えていると、すべてが悪い方向に向かう思考に自然となってしまう。雰囲気や顔の表情が悪くなり、人相も悪くなってくる。

 脳の取り扱い方法が悪いので「なんでわたしが……」というなんで病や、なんでも人のせいにする「せいだ病」に陥るのである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆