ニュース
» 2010年10月26日 09時38分 UPDATE

Teradata PARTNERS 2010 Report:インテリジェンスで不況を克服する米先進企業、Teradataは「データのソーシャル化」を提案 (1/3)

「Teradata PARTNERS 2010」がサンディエゴで幕を開けた。60を超える企業がエンタープライズデータウェアハウスから得られるインテリジェンスの活用事例を紹介するほか、TeradataはBig Dataも活用する「データのソーシャル化」を顧客企業に提案した。

[浅井英二,ITmedia]
convention01.jpg マリーナに面したサンディエゴコンベンションセンター。AT&TのブースPARTNERS運営委員長はヨットのキャプテン姿で登場

 カリフォルニア州サンディエゴは、メキシコとの国境までトラムでわずか数十分という米国西海岸最南端の温暖な港町だが、今年は雨季の訪れが早く、10月なのに朝夕は冷たい小雨が降る。世界経済の盟主として期待を寄せられながら、依然として景気回復の足取りが重い米国経済のようだ。

 Teradataユーザーグループの年次カンファレンス、「Teradata PARTNERS 2010」は米国時間の10月25日、サンディエゴのコンベンションセンターで幕を開けた。今年で25回目を数えるPARTNERSは、1979年にガレージで産声を上げたTeradataを四半世紀にわたって支えてきた歴史あるユーザーカンファレンスだ。昨年は世界同時不況のあおりで参加者を減らしたが、同社が開発拠点を置くサンディエゴに場所を移した今年は過去最多となる3000人以上のユーザーやパートナーが集まり、盛り返している。27日までの会期中、250以上のセッションが用意され、そのうち約60はユーザー企業によるものだ。日本からもKDDIとキュービタスの2社が選ばれ、その先進事例を紹介する。

 ユーザーグループの主催にふさわしく、オープニングセッションの主役も、AT&Tのモバイル部門でセールスアナリティクス&レポーティングのディレクターを務めるマシュー・ブースPARTNERS運営委員長だ。

 「かつては太陽や星を頼りに新航路や新大陸を発見したが、今のわれわれには何千何万のインテリジェンスがある」とブース氏はヨットハーバーを模したステージで話し始めた。

 「大切なのは、ビジネスの基本だ。どうしたら売り上げを伸ばし、コストを下げられるのか? 顧客にとってわが社の価値は何か? IT部門もビジネス部門と一体となって、この基本を追求してほしい。それでこそ、ITが差別化につながるイノベーションを起こせる」とブース氏。これまでにもITにかかわる多くのカンファレンスを取材したが、ビジネス層とIT部門が共に集い、そして学ぶPARTNERSのユニークさは際立っている。

「顧客の戦略パートナーになりたい」とコーラーCEO

koehler01.jpg NCR時代からのベテラン、TeradataのコーラーCEO

 Teradataの社長兼CEOを務めるマイク・コーラー氏も売り上げの重要さを強調した。

 「2010年上半期は売り上げを14%増やすことができた。これは顧客にとって決定的に重要な意味を持つ。研究開発やコンサルティングなどへ積極的に投資を行えるからだ」とコーラー氏。同社社員の約7000人のうち実に半数が顧客へのコンサルティングに従事し、2割が研究開発に携わっているという。

 「われわれの目標は、最高のデータウェアハウス技術、サービス、ソリューションを提供すること」(コーラー氏)

 同社は年商20億ドル規模のITベンダーだが、IBM、SAP、Microsoft、およびOracleといった通称「MISO」にも決して劣らず、InformationWeek誌の調査によれば、戦略的ITベンダーの7位に食い込み、顧客からの信頼を勝ち得ている。

 「われわれの顧客は1000社に過ぎないが、彼らにとって戦略的なITベンダーとなりたい」とコーラー氏。規模が大きく、力のある企業顧客との特別な関係を築き、共に差別化を図っていくことがTeradataの戦略といえる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆