ニュース
» 2010年10月26日 09時59分 UPDATE

1位はクラウドコンピューティング:米Gartner、2011年に注目すべきテクノロジートップ10を発表 (1/10)

米調査会社のGartnerが、企業・組織にとって戦略的な重要性を持つテクノロジーのトップ10を発表した。1位はクラウドコンピューティング、2位にはiPadなどを含むモバイル・アプリケーションおよびメディア・タブレットが入った。

[ITmedia]

 米調査会社のGartnerが、企業・組織にとって戦略的な重要性を持つテクノロジーのトップ10を発表した。1位はクラウドコンピューティング、2位にはiPadなどを含むモバイル・アプリケーションおよびメディア・タブレットが入った。10位以内には、ソーシャルにかかわる技術が多く入っているのが特徴となった。情報システムのクラウドへの転換や、ソーシャルアプリケーションの仕組みが企業で採用されるという最近の流れを反映したものとなっており、ユーザー企業が今後のIT活用を考える上で1つの参考になる。

 トップ10は上位から順に以下の通り。コメントはガートナー発表のもの。

クラウドコンピューティング

 クラウドコンピューティングは、オープンなパブリック環境から閉じられた(クローズド)プライベート環境までを幅広く網羅しています。今後3年間は、これらパブリックとプライベートの範囲内で幅広いクラウドサービスアプローチが提供されるでしょう。ベンダー各社は、自社のパブリッククラウドサービス、テクノロジー(ソフトウェアかハードウェア、またはその両方)およびメソドロジ(すなわちサービスを構築し実行するベスト・プラクティス)を、ユーザーが社内に実装可能な形式でパッケージ化したプライベートクラウド商品の提供を加速させるでしょう。また多くのベンダーは、クラウド・サービスの導入環境を遠隔管理するためのマネジメントサービスも提供するでしょう。2012年までに、大規模企業では継続的なクラウドソーシングを判断し管理するためのダイナミックなソーシング・チームが確立されるとガートナーは見ています。

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆