ニュース
» 2010年11月03日 00時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:時代の流れで変わるリーダーの本質 (1/5)

「リーダーシフト」とはいったい何なのか? リーダーシフトが、従来のリーダーシップに取って代わるべき理由とは。組織を改善し、より適したリーダーになるためにリーダーシフトを生かす方法を教えます。

[ITmedia]

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『リーダーシフト』の要点

leadershift.jpg
  • 組織は、ますますコラボレーションを行うようになってきている
  • 自己主導組織は大抵、ビジョンを持ったリーダーを生み出す。しかし、細部まで管理するリーダーシップは求めていない
  • 「経験、専門知識、管理」に基づく従来のリーダーシップは時代遅れである
  • それは「従業員のデモグラフィック、専門技術、情報注目、デモクラティック」の4つの動向が原因である
  • 現代のリーダーは、指揮する方法を考え直さなければならない
  • 時代や流れに合わせて変化しないリーダーは、すぐに時代遅れになってしまう
  • 協働企業では、組織的境界線がリーダーと部下を隔てるのではない
  • リーダーとしての力は、階級制度の中のポジションから発生するものではなく、企業にどのように貢献しているかによって発生する
  • 組織は、独自のルールや行動基準、習慣を作る
  • 企業はリーダーからの指示は求めていない。貢献を求めている

本書から学べること

  • 「リーダーシフト」とはいったい何なのか?
  • リーダーシフトが、従来のリーダーシップに取って代わるべき理由とは?
  • 組織を改善し、より適したリーダーになるためにリーダーシフトを生かす方法

本書の推薦コメント

 リーダーシップの上級コンサルタントであるエマニュエル・ゴビロットは、思慮深い読者のために著書を発表してきました。その著書は洗練されており、緻密で繊細です。ゴビロットは、既に確立された真実を新しい角度から見るよう読者に主張しています。これまでのリーダーシップ調査からも分かるように、時に、それまでの真理を覆し、代わりに新しい真実を提案してきました。その中で「経験、専門知識、管理」に基づく従来のリーダーシップのパラダイムがなぜ機能しないのか、その理由を説明しています。また、ゴビロットによると、時代遅れになりたくないのなら、現代のリーダーは考え方を変える必要があります。新しい協働的環境の中で自分の組織を成功させたいと願う、すべての経営者および管理者に、刺激的な本書をお勧めします。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆