ニュース
» 2010年11月24日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:チームプレーヤーが持つべき17の特別なもの (1/6)

チームは優れたプレーヤーを持った時、極めて容易に成功することができる、優れたチームプレーヤーを得るためには、育てるか、雇うかの2つしかないなどの法則から、チームプレーヤーが持つべきものを探す。

[ITmedia]

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『チームプレーヤーが持つべき17の特別な特徴』の要点

teamplayer.jpg
  • チームは優れたプレーヤーを持った時、極めて容易に成功することができる
  • 優れたチームプレーヤーを得るためには、育てるか、雇うかの2つしかない
  • 優れたチームメンバーは、それぞれチーム全体を強化する個性的能力を持っている
  • コミュニケーションは、メンバーが素直になり、寛容かつ協力的になった時に力を発揮する
  • チームメンバーはあえて難解な業務にも取り組み、個人の水準を上げなければならない
  • 優れたチームメンバーは、思考、感情、行動に、ある一定の規律を持っている
  • 優れたチームメンバーの特徴は、集中力、あらゆる状況における順応性、そしてコミュニケーション力に長けており、目的に対する意識が非常に高い
  • チームメンバーのつながりが強いと、いかなる難問も乗り越えることができる
  • 優れたチームメンバーになるためには、自己評価と自己改善を日々行うこと

この要約書から学べること

  • 優れたチームメンバーが持つべき17の特徴とは?
  • その特徴が、どのようなプロセスでチームを作り上げるのか?
  • 歴史に残る偉人は、こういったチームメンバーの特徴をどう立証したのか?

本書の推薦コメント

 本書は何らかの集団の中で生きている人なら、多くの気付きを得られる良書です。聞きなれたフレーズもある半面、非常にバランスのとれた内容となっています。特に、リーダーに対する、チームへの焦点の当て方は独特です。各チャプターの冒頭では、歴史上の人物の成功秘話や逆境に打ち勝った逸話などを紹介しています。そして各チャプターの後半では著者ジョンC・マクスウェル自身の意見が簡潔に論じられています。著者の要点を解説している引用や補足は、チームメンバー各自が特に記憶すべきものであり、それによってチームの成功は構成されると言っても過言ではないかも知れません。

 「本当に強いチームを構築するためのノウハウ」を、「チームプレーヤーが持つべき、17の特別な特徴」と題して、著者の独特の視点から簡潔明瞭に書かれた本書を、さまざまな組織や企業、団体のチームメンバーおよび意欲的なリーダーの指針として、強くお勧めします。

ビジネスにしてもスポーツにしても、組織として行動するためには、それぞれが自分たちの役割を的確にこなしていかねばなりません。さらに、そこから組織としての目標を達成するためにそれぞれが優れたチームプレーヤーになる必要があります。この書では、そうしたベストプレーヤーになるための17個の秘訣が書かれています。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆