ニュース
» 2010年12月01日 14時55分 UPDATE

グローバル経営の礎になるB2B基盤――GXSセーゲルCEO

企業間電子商取引分野でシステム統合のアウトソーシングサービスを提供する企業として、米GXSが注目を集めている。

[怒賀新也,ITmedia]

 企業間電子商取引分野でシステム統合のアウトソーシングサービスを提供する企業として、米GXSが注目を集めている。GXSは、GEを母体に誕生し、40年以上にわたり、企業間のデータ統合サービスを提供している。「金融機関やさまざまな企業と、GXSを経由するだけでシステム連携できる」と話すのは来日したボブ・セーゲルCEOだ。

gxs.jpg 「米国での日本企業の評価は概してポジティブ。今後は起業家精神(アントレプレナーシップ)が日本企業にとってより重要になるだろう」と話すボブ・セーゲルCEO

 世界に4万社を超える顧客企業を持つGXSは、2010年に2億ドル以上の研究開発費を投じている。先日は金融取引ネットワーク管理のプラットフォームとして知られるSWIFTを活用し、さまざまな企業とデータ連携するための新サービスとして「SWIFTサービスビュロー」を開始するなど、サービス拡充も順調だ。

 一方、140億円の売り上げを持つ同業のInovisを合併し、売り上げ規模をさらに拡大するなど「M&Aにも注力する」(セーゲル氏)。受託するアウトソーシングサービスの品質向上にも力を入れる。

 「稼働率99.99%以上、最終的には100%を目指す」(同氏)

 事例としてGXSが紹介したのは米大手PCメーカー。同社はGXSのB2Bアウトソーシングサービスを活用し、全B2Bビジネスを1つの窓口で対応できる経営の効率化を図った。結果として、レガシーサーバ200台以上および20種類のネットワークの廃棄、データセンター内にラックを20本削減、10のデータベース削減などを実現した上で、24時間365日、100%のB2B運用を監視できるようになった。ITプロセスとカスタマーサポートを完全に統合できたとしている。

 セーゲルCEOは「アジア市場の成長力に注目している。特に、日本はGXSの売上高の3番目を占める重要な市場であり、日本の顧客企業とのコミュニケーションを深めたい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆