ニュース
» 2011年01月19日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:最初の100日間で新しいリーダーがすべき最重要事項とは? (1/3)

新リーダーは、初めの100日について、実際にどのような戦略を練るべきか? 新しい会社で仕事を始める前に、成功するための完璧なプランを立てる方法を探る。

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『最初の100日間で、新しいリーダーがすべき、最重要事項とは?』の要点

100leader.jpg
  • 何かしらのリーダーに就任した場合、最初の100日間が非常に重要である。
  • 新しいリーダーの約半分が、始まって18カ月以内に失敗している
  • 新しいリーダーの仕事は、オフィスに入る以前に始まっている
  • 新しい仕事を始める前に計画を立てるリーダーは、失敗率を10%以下に減らすことができる
  • 明確なプランを持って仕事を始めることで、チームメンバーの忠誠心やコミットメント、そして信頼を育てることができる
  • 新しいことを始める場合、まずはSWOT分析(Strengths:強み、Weaknesses:弱み、Opportunities:チャンス、Threats:脅威)を行い、新しい企業の競争力を測ること
  • 人間は、最初と最後に受け取った情報を最も鮮明に覚えているという事を意識しておくこと
  • 「ACES」戦略を使って新しい企業の文化を変えることができる:Assimilate:同化、Converge:合致、Evolve:発展、Shock:衝撃
  • リーダーシップとは、馴染み、支持を受け、適所で育て、事を起こすことが必要である

この要約書から学べること

  • 新リーダーは、初めの100日について、実際にどのような戦略を練るべきか?
  • 新しい会社で仕事を始める前に、成功するための完璧なプランを立てる方法
  • 行動力を圧倒的に高める、「初めの100日の時限目標の立て方」とは?
  • 忠実で高業績の出せるチームを作る方法とは?

本書の推薦コメント

 米国では、優秀な人材は次々と有名企業を渡り歩き、新しいキャリアを作っていくという文化があります。日本ではそこまで転職を重ねるというのは、外資系企業以外はあまり見かけませんが、米国ではごく普通に行われていることです。本書はそんな新しい職場で能力を発揮するための、最初の100日間の行動で結果が変わるという内容を述べたものです。日本でいえば、転勤や部署移動などで新しいリーダーを任されたり、キャリアアップのために転職した際に応用できる知識だと思います。

 フォーチュン500社の複数の企業で幹部を務めた著者は「優れたリーダーは最初の100日間で具体的なプランを立て、それに沿って行動し、そして部下を優先する」という非常にシンプルで強力なメッセージを本書で発信しています。

 そもそもビジネスが展開される時、チーム作りの良し悪しで業績に明暗が分かれることは必至です。中小企業では企業そのものが1つのチームのようであり、大企業ではその組織の中に幾つものチームが存在します。この書で得ることができるのは、チームのリーダーに求められる資質と、リーダーが新しいポジションに就いた際に最初に何を行うべきかという明確なアクションプランです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆