ニュース
» 2011年02月02日 08時29分 UPDATE

Lotusphere 2011 Orlando Report:ソーシャルはゲームを変える好機、経営陣の関与が成否を分ける (1/2)

フロリダ州オーランドで開催中の「Lotusphere 2011」は2日目を迎え、午前の基調講演では、「どのようにソーシャルに取り組めばいいのか」がテーマに掲げられ、企業の責任者らは異口同音に「経営陣の関与が不可欠」とした。

[浅井英二,ITmedia]
mike01.jpg IBMのローディン上級副社長

 フロリダ州オーランドのウォルトディズニーワールドで行われているIBM Lotusの年次ユーザーカンファレンス、「Lotusphere 2011 Orlando」は米国時間の2月1日、2日目を迎え、午前の基調講演にはIBMソフトウェアグループでソフトウェアソリューションを統括するマイク・ローディン上級副社長が登場した。多くの顧客やパートナーにとってはまだ馴染みのあるローディン氏は2008年までLotus部門のGMを務め、Lotus ConnectionsやLotusLiveを推進している。

 ローディン氏がホスト役として進めた2日目の基調講演は、前日の「企業におけるソーシャル活用とは何か」に対して、「どのようにソーシャルに取り組めばいいのか」という、さらに一歩踏み込んだテーマを掲げ、成功企業の事例も紹介された。

 「ソーシャルは人と人をつなぎ、透過的で、かつ敏捷性のある組織を実現してくれる。入り口としてはマーケティングや製品開発、人事などが考えられる。ソーシャルで顧客との関係を強化することによってブランド価値が高まったり、斬新なアイデアを迅速に製品化して市場投入できるなど、企業におけるソーシャル活用はさまざまな価値をもたらす」とローディン氏は話す。

jon01.jpg IBMのイワタ上級副社長

 ローディン氏は、ソーシャル活用事例のトップバッターとして1990年後半に「e-business」を掲げ、インターネットを活用してビジネスを進化させてきたIBM自身を紹介した。

 ステージに登場したジョン・イワタ上級副社長はIBMでマーケティングとコミュニケーションを統括するCMOを務めている。

 「ソーシャルといっても社交的なことではない。人と人のやりとりがフォーマル/インフォーマルで行われるが、それがソーシャルによってより効率的に、しかも社内・社外を問わず、ボーダーレスに行えるようになるということ。初めは経営陣から情報漏洩や優れた人材の流出を懸念する声もあったが、その真の価値、つまり“会社を変え、ビジネスを変えること”を繰り返し訴え、浸透させてきた」とイワタ氏は話す。

 イワタ氏は、ソーシャルをe-businessに次ぐ大きな潮流だとし、「企業にとってはゲームを変える好機だ」と強調した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆