連載
» 2011年03月23日 07時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:シンプルに結果を出すためのエグゼクティブ・コーチング (1/3)

エグゼクティブ・コーチングとは何か、コストはどの程度なのか。多くの組織はコーチングをどのように活用しているのか。

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『シンプルに結果を出すためのエグゼクティブ・コーチング』の要点

110322book.jpg
  • エグゼクティブ・コーチは、1対1で企業リーダーを指導することで効果を発揮する
  • 最も有望な人材を育成するために組織はコーチングを行う
  • 企業リーダーは、コーチングを魅力的な特権だと思っている
  • 近年、コーチングの分野は急速に広がっている
  • コーチングは費用が高い:標準的な年間費用は30,000ドルである
  • 費用を削減するため、多くの企業は社内でコーチング機能を開発している
  • 企業の中には、エグゼクティブ・コーチングを支持しない企業文化を持ったところがある
  • 企業は、上級管理職者が2、3人のコーチから選べるようにする必要がある
  • 通常、組織は360度評価など、特別なツールを使ってコーチングをサポートする
  • コーチングの投資収益率を計算することは難しい。それでも、コーチングを利用している多くの企業は、コーチング採用の継続あるいは拡大を計画している

この要約書から学べること

  • エグゼクティブ・コーチングとは何か、コストはどの程度なのか?
  • 多くの組織はコーチングをどのように活用しているのか?
  • 効果を最大限にするコーチの選び方とは?

本書の推薦コメント

 世界中のプロスポーツチームは、優秀なアスリートを抱えています。例えば、最速のピッチャー、強打者、ボールさばきのうまい選手などです。このような選手は子どものころからスポーツをやっており、長い時間をかけてアスリートとしてのスキルを育て、磨いてきました。しかし、このように素晴らしいトレーニングを受け、並はずれた才能を持ったアスリートでさえも、コーチに頼り、最高のパフォーマンスを引き出す方法を教えてもらっています。スポーツのスーパースターがコーチを必要としているのなら、企業リーダーにも必要ではないでしょうか?3人の著者は、本書の中で、どのようにして組織は確かなエグゼクティブ・コーチング・プログラムを立ち上げ、リーダーの専門知識や技術を育てることができるのか?など具体例を交えながら、エグゼクティブ・コーチングとリーダーシップ開発の手順を説明しています。本書を管理職のリーダーシップ能力を強化したいと考える、すべての人にお勧めします。「コーチング」はここ数年で日本においても急速に広まった人材開発のための技法のひとつです。

 現在、コーチングはあらゆる分野で広く生かされています。しかしながら、企業内、特に管理者や経営者に対してのコーチングは今でも主流であり、大きな成果を上げるために欠かせない存在になっています。この書ではコーチングとは具体的にどのようなものであり、それを導入するにはどれくらいのコストがかかるのか?またどのように利用することで社内の生産性を上げる事ができるのかということが事細かく書かれています。コーチングをこれから検討しようとしている方にはとても参考になる書です。ではその内容を見ていきましょう。

エグゼクティブ・コーチング

 エグゼクティブ・コーチは、1対1で企業リーダーを育てます。組織は、新しく注目を集める任務や外国勤務の命令、昇進や横方向の異動など、転換期に直面したリーダーを助けるためにもエグゼクティブ・コーチングを活用します。

 例えば、スリベント・ファイナンシャル・フォー・ルースランズ社は、オリエンテーションの期間中、新しい販売担当重役のためにコーチを雇っています。コーチは、新しい上級管理職者を仕事に就いて最初の6カ月間、アシストします。また、リーダーが「脱線」してしまいそうになった時、レール上に留まり続けられるよう手助けします。

 エグゼクティブ・コーチングは、ライフ・コーチングとは異なります。ライフ・コーチングとはビジネス環境の外側にある個人的な成長に焦点を当てたものです。元々、組織は十分な結果を出せないリーダーに対し、エグゼクティブ・コーチングを提供していました。少数の企業が今でもそうしていますが、問題のある従業員に焦点を当てたコーチング・プログラムは、成績優秀者として積み重ねて来たものを損なわせてしまいます。今日、組織はほとんど、将来性の高いリーダーのためだけにエグゼクティブ・コーチングを用意しています。多くの場合、それはキャリアを開発するためのものです。また、パブリック・スピーキングや時間管理、コミュニケーションや予算・財政などの分野に関する特定の専門知識やスキルを育てるために、エグゼクティブ・コーチングを利用しています。

 エグゼクティブ・コーチングやライフ・コーチングといった、外部の第三者からのアドバイスは、相性があえば非常に有効性の高いものだと思います。実際にアメリカでは、個人なら定年でリタイアしたビジネスマンの第二の人生についてのライフ・コーチングや、本書で紹介されているような、管理者に対して実施するエグゼクティブ・コーチングなど、その需要は、非常に大きなものです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆