ニュース
» 2011年05月16日 16時23分 UPDATE

ソフトバンク孫社長の100億円寄付金、40億円を財団化 震災遺児支援へ

ソフトバンクの孫社長による被災地向け義援金・支援金100億円は、日本赤十字社や被災地自治体への寄付のほか、40億円で財団を設立、被災遺児の就学支援など中長期のサポートに活用するという。

[ITmedia]

 ソフトバンクは5月16日、孫正義社長による東日本大震災の被災地向け義援金・支援金100億円の寄付先を公表した。日本赤十字社や被災地自治体に寄付するほか、40億円で財団を設立、被災した子どもたちの就学支援など中長期の被災地サポートに活用するという。

 日本赤十字社、中央共同募金会に各10億円、震災遺児の支援を目的に日本ユニセフ協会などの公益法人に6億円、岩手、宮城、福島各県に10億円ずつ、茨城、千葉の両県に2億円ずつ寄付する。

 40億円は「東日本大震災復興支援財団」(仮称)の設立に利用し、遺児・孤児への支援(奨学金、留学支援など)や被災地でのNPO活動への支援、そのほか中長期にわたる被災者への支援活動に役立てるとしている。

 財団は6月上旬に公益法人として設立する準備を進めており、準備委員会には寺島実郎・日本総合研究所理事長、小宮山宏・三菱総合研究所理事長、村井純・慶應義塾大学環境情報学部長、中村伊知哉・慶應義塾大学教授を招聘する予定。

 孫社長のソフトバンクグループ代表としての今年度以降の役員報酬全額も寄付し、震災遺児支援などに役立てるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆