ニュース
» 2011年05月25日 14時06分 UPDATE

NASA、有人宇宙船「MPCV」計画を発表 火星を目指す

NASAが次世代の有人宇宙船「MPCV」計画を正式発表。スペースシャトルは7月のフライトを最後に退役し、今後はMPCVで小惑星や火星の有人探査を目指す。

[ITmedia]
photo NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は5月24日、次世代の有人宇宙船「MPCV」(Multi-Purpose Crew Vehicle)計画を正式発表した。現在のスペースシャトル計画は7月のフライトで終了し、今後はMPCVで小惑星や火星の有人探査を目指す。

 MPCVは多段ロケットで打ち上げられ、4人を乗せて21日間のミッションをこなし、カリフォルニア沖の太平洋に帰還する能力を持つ。スペースシャトルに比べ、打ち上げ時などの安全性は10倍に高まるという。

 ベースとなったのは、有人月探査を目指した「コンステレーション計画」で米Lockheed Martinが開発していた「オリオン」。オバマ政権は予算不足から同計画を廃止したが、新たに多目的有人宇宙船として活用することになった。

 スペースシャトルは7月のフライトを最後に退役。NASAは国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送などは国際協力や民間ロケット会社に任せる方針で、有人飛行は地球に比較的近い天体の探査などに集中していく方針だ。オバマ大統領は2030年代に火星に宇宙飛行士を送り込む方針を掲げている。

 スペースシャトル計画最後のフライトとなる「アトランティス」の打ち上げは7月8日に予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆