連載
» 2011年06月23日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:35歳からの「脱・頑張り」仕事術 (1/2)

部下を持った時から、チームと働く時から、本当の苦闘が始まる。優秀なプレーヤーから、有能なマネージャーへの跳躍の壁をどう乗り越えるか?

[山本真司,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


yamamotobook.jpg 35歳からの「脱・頑張り」仕事術

 昨年、IT業界のかたがたと語り合う機会があった。30代後半以降のマネージャークラスが大変、苦労しているという話を聞いた。「組織ピラミッドが崩れ、部下は、経験の浅い人ばかり。プロジェクトの失敗を防ぐためには、自分が頑張るしかない」という声を数多く聞いた。また、ある講演会で、チームをどう使い、運営するかという質問が相次いだ。「経験不足の部下、口出しだけする多くの先輩に囲まれて、チームの成果をあげるのは至難の業」そんな声が多かった。そんな声に接して、本書を書き下ろすことを決心した。

 わたしが、30歳で外資系コンサルティング会社にて転職して、業界で20年以上生きてきた中で、最大のキャリア・チャレンジは、30代半ば以降のマネージャーとしてチームを統べる役割を担った時から始まった。

 転職した当初の一兵卒の時は、とにかく自分の力を向上させることだけに集中した。努力の分量と成果にはっきりとした正相関が見て取れた、そして、一兵卒としては頑張ったつもりである。それが、マネージャー昇進を前にして、わたしのコンサルタントキャリアに最大の危機が訪れた。

 部下が使えない。チームの力を引き出せない。「わたしと働きたくない」、と言う部下が続出した。結局、マネージャー昇進は遅れた。もう自分には、先がないと思い悩み、キャリアチェンジすら考えなければいけないほどに、この問題は深刻だった。

 わたしは、一兵卒として個人としては頑張ったつもりだった。上司からは、「最強の兵士、最悪の指揮官」という評価だった。そこから数年間は、わたしの人生最大の危機は続行した。臥薪嘗胆の気持で、耐えぬき、工夫し、自分なりに部下との接し方を編み出していったのであった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆