連載
» 2011年10月15日 09時00分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:真偽を見極めろ――「リーダーシップ 6つの試練」

古今東西、リーダーシップの重要性が叫ばれている。しかしながら、あらゆるリーダーシップが正しいわけではないという。その理由とは?

[ITmedia]

 世界最高峰のリーダー養成機関「ハーバード・ケネディスクール」で好評を博している「グローバル化する世界で実践するリーダーシップ」。同コースの講師で、本書の著者ディーン・ウィリアムズ氏は、自らを「道産子」と称す。18歳のときに初めて日本を訪れ、1980年代には博士論文執筆のために松下政経塾で過ごした。

 日本をこよなく愛す一方、世界各国の大統領アドバイザー、一流企業のコンサルタント、そして現在はケネディスクールで教鞭をとる異色のキャリアの持ち主である氏の処女作が、本書『リーダーシップ 6つの試練』だ。

『リーダーシップ 6つの試練』 著者:ディーン・ウィリアムズ、定価:2310円(税込)、体裁:四六判 上製 400ページ、発行:2011年9月、英治出版 『リーダーシップ 6つの試練』 著者:ディーン・ウィリアムズ、定価:2310円(税込)、体裁:四六判 上製 400ページ、発行:2011年9月、英治出版

 リーダーシップに関する書籍は世の中にあふれている。「いまこそリーダーシップの時代だ」と、その必要性が声高に叫ばれている。だが「すべてのリーダーシップが“正しい”とは限らない」と著者は言う。むしろ「今日、日本が現状を脱却できないでいる理由の1つが、“偽のリーダーシップ”のまん延にある」と警鐘を鳴らす。偽のリーダーシップとは、自らの力と権威を使って、まがい物の作業を人々に課し、社会や組織の進歩から遠ざける行為だ。

 では「真のリーダーシップ」とは何か――。それは、社会や組織が困難と向き合い、彼らが成功に向けて最善を尽くせるようサポートすることである。これは、「道筋を示す」「フォロワーを生み出す」といった一般的なリーダーシップの概念とは異なる。なぜなら、複雑に入り組んだ現代社会で問題や脅威に対処するには、人々が自ら責任を持って考え行動することが求められ、リーダーが「正しい解」を示して人々を先導できるほど状況は単純ではないのだ。

 本書は、そうした真のリーダーシップのあり方を理解するために、アラビアのロレンス、北欧神話のオーディン、西郷隆盛、明治天皇、イエローハットの鍵山秀三郎氏など、多様な分野の古今東西のストーリーが登場する。タイトルにある「6つ試練」とは、現代社会で私たちが直面しうる状況を分類したもので、それぞれの局面に応じた「診断」と「戦略」のフレームワークを示し、試練を乗り越えるための実践的な手法を説いている。

 著者は序文において、日本はいま「複合型試練」に直面しているという。困難な状況にあるのは誰の目から見ても明らかだが、その試練と対峙する私たちに向けて、力強いエールを送っている。最後にそのメッセージを紹介したい。

「読者の皆さんに知っておいてほしいことがある。それは、リーダーシップを実践し、組織、企業、共同体、国家の進歩に寄与する機会を持つことは、『大いなる名誉』に値するということだ。それは崇高な仕事だ。同時に、エキサイティングで、胸湧きおこる仕事でもある。真のリーダーにならんとするあなたの成功を祈る」


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆