連載
» 2011年10月25日 08時00分 UPDATE

ビジネスマンの悩み相談室:問題がないという部下が問題 (1/2)

指示したことをきちんとこなし、問題なくことを運んでいる部下は本当に問題がないのだろうか。問題ないと捉えた時点で次への成長を止めてしまっている場合がある。あなたの部下は大丈夫だろうか。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!



 「最近はどうだ? 」と聞いて、「何も問題ありません」と答える部下はいないだろうか。わたしは問題ないという部下こそ問題なのではないかと思っている。今回は、「問題ないという部下」についてお話ししたい。

<事例>

 ある部品メーカー営業部のD部長は、新しく配属されてきた部下のLさんのことで悩んでいた。定例会議の後でD部長はLさんに声を掛けてみた。

 部長:Lさん、最近仕事はどうだい?

 Lさん:ご指示いただいたことはすべて順調に進んでいて、問題ないです。

 部長:そうか。最近クライアントの○○さんと接する中で何か思うことはあるか?

 Lさん:いつも優しく接して下さって、大丈夫だと思います。

 部長:特に最近気づいたこととはないか?

 Lさん:何も。

 部長:そうか。

 Lさんは頭が切れ、とても優秀なのだが、指示されたこと以外のことをまったくしようとしない。D部長は、言ったことはきちんとやるものの、すべてに「問題ない」と言うLさんをどうしたものかと考えてしまった。


問題ないという部下は成長を止めてしまっている

 指示したことをちゃんとこなし、問題なく事を運んでいるLさん。一見すると、なぜ彼女に問題があるのだと感じるだろうか。しかし、「問題ない」という部下にこそ実は大きな問題があるのである。「大丈夫」「問題ない」と言った時点でどのようなことが起きているだろうか。

  • 成長しない
  • 自発的に行動しない
  • チャレンジしない
  • 考えない

 「問題ない」と発言した時点で、まずは成長が止まってしまう。問題ないのでそれ以上何かをしようとせず、成長が止まるのである。

 次に、自発的に行動しなくなる。与えられた仕事、指示された仕事はするものの、それで問題ないと思うので、自発的に行動しなくなるのである。何かにチャレンジしようとも思わないだろう。背伸びをする、ストレッチした目標に向かって頑張るということをしない。

 最後に、考えなくなる。指示されたことをそつなくこなし、それで問題ない、今のままでいいと思うので、何も考えなくなる。「考える力」が身につかないのである。

 「問題ない」と言っている人がいることで周りに悪い影響を及ぼすことも多い。水が流れずに1カ所にとどまると濁るのと同じで、職場もそのままでいいという人がいたら、雰囲気がよどむ。指示されたことはやるもののそれでいいという雰囲気が、職場全体にまん延してしまうのである。新しい人が入ったり、何かにチャレンジしようという人がいないと、職場は活性化しない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆