ニュース
» 2011年10月28日 08時00分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:「想定外」に企業が対応するための勘所とは 安井あらた基礎研究所所長 (1/2)

人間の能力には限界があり、どれほど多彩なケースを想像していようと予想外の状況があり得る。経営レベルでみても「想定外」の事態が生じる可能性を排除することはできない。そのような状況に、企業が備えることは可能なのだろうか。東日本大震災などから教訓を得た、新たなBCMの可能性について探る。

[岡田靖,ITmedia]

 東日本大震災で生じたサプライチェーンの混乱は、被災していない企業にも大きな損失を与えた。自社のみの被災を想定したBCM(事業継続マネジメント)では不足であり、多くの企業がBCMの抜本的な見直しを迫られている。

 9月6日に開催された経営者向けセミナーイベント「第22回 ITmedia エグゼクティブセミナー」の特別講演で、あらた監査法人 あらた基礎研究所 所長の安井肇氏は、「想定外」の状況に対する備えについて論じた。

サプライチェーン全体の中で考える

あらた監査法人 あらた基礎研究所 所長の安井肇氏 あらた監査法人 あらた基礎研究所 所長の安井肇氏

 「リーマンショックは100年に一度、東日本大震災は1000年に一度、いずれも想定外と言われるが、どちらも、それだけで済んでいれば、これほど大きな問題にはならなかった」と安井氏は語る。例えば(2008年に中国で発生した)四川大地震は、死者数では東日本大震災より多かったが、被災地域がグローバルなサプライチェーンに組み込まれていなかったので、経済的な影響は東日本大震災ほどではなかった」という。

 東日本大震災では、自動車部品や半導体のメーカーが数多く被災した。その影響が自動車メーカーのサプライチェーン全体に波及し、生産の抑制を余儀なくされた。リーマンショックでは、欧米を中心として消費が減り、やはり日本の製造業に打撃を与えた。原因も様相も異なるが、いずれも結果としては日本経済に深刻な影響を与えている。自社のみを考慮したBCMでは十分な対策といえず、自社だけでなくサプライチェーン全体に配慮する必要があるといえるだろう。

「企業におけるBCMの意義は、自社の価値創造過程を越えた『外部経済性』にある。直接には逸失利益を防ぐなど自社のために役立つものだが、供給責任を果たすなどして取引先の利益を守り、さらには地域秩序などを守り、そして投資家の利益をも守ることである。特にサプライチェーンの中ほどにいる企業は、取引先に対して情報発信を行わないとサプライチェーンの中から自社が排除されるリスクもある」(安井氏)

 BCMによる外部経済性は、巡り巡って自社の利益にもつながってくる。例えば、安井氏は、新型インフルエンザが発生したと報じられた際の株価動向の調査結果を挙げた。新型インフルエンザが確認されたメキシコで事業を展開している企業群の株価は翌日から下落傾向が続いたが、その中でも事前にBCMを開示していた企業群は3日後には株価が回復、4日目には以前より上昇していたというのだ。開示されていたBCMを投資家も評価した、と考えられる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆