連載
» 2011年11月22日 08時00分 UPDATE

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:今、その成功から何を学ぶか (1/2)

1946年に資本金19万円、従業員約20人でスタートしたソニーは、今や資本金約6309億円、従業員数約16万8千人そして、世界中でビジネスを展開している。敗戦でほとんど全てを失ったが、残った頭脳と技術で人がやらないことをやり、日本復興のためにと進むべき道を決めた。

[郡山史郎(CEAFOM),ITmedia]

 「過去は何の価値もない。将来のみが価値がある。現在は将来のために使う。」これは、ソニーの共同創業者、盛田昭夫氏の言葉です。スティーブ・ジョブズ氏は「Stay hungry, Stay foolish.」と言っています。自分を飢餓状態に追い込んで、ばかげたことでも思い切ってやる。この2人の思想には、深い共通点があります。その目標は輝かしい未来なのです。

 ある日、ソニーの盛田会長から、電話が掛かってきました。「ジョブズ氏が来ているんだが、ソニーの工場を見たいというので君の厚木工場を案内してくれないか」。ソニー最大の技術集団を擁する厚木工場は、わたしの担当する情報機器事業本部の生産基地です。当時まだ20代だった米AppleのCEOは、すでにわれわれの間では神様的存在でした。

 ジョブズ氏はTシャツ、ジーンズにスニーカーという格好で現れました。2時間余り工場を熱心に見て周り、社員に愛想を振りまき技術者たちと喜んで握手をしました。「日本人が物を作る場所を見たかった。確かにきれいだ。ユニフォームがいい。皆楽しそうに働いている」。この工場見学はジョブズ氏の持っていた、米国人特有の生産工場の観念を一変しました。

 ウオークマン、自由闊達な生産工場、何でも小型に使いやすく作ってしまうこの会社との出会いは、大げさに言うとジョブズ氏のグローバリゼーションの始まりです。彼の製品にはソニーの持っていたマンマシーンインタフェースの新しいアイデアの伝統があふれています。また彼の工場、その後カリフォルニアにできた電子製品の工場は、ほとんどすべてといっていいほど、日本流のきれいさ、明るさ、楽しさに満ちています。

 盛田氏はジョブズ氏がソニーのお家芸をさらってしまうのを見届けることはできませんでした。今頃2人は天国で、次の新商品の相談をしているかもしれません。では、ジョブズ氏をグローバル化した盛田氏自身のグローバリゼーションはどのようにして始まったのでしょうか。それがこのシリーズの第1章です。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆