連載
» 2011年11月24日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「成長は、全てを癒やす」それがビジネスパーソン人生の真実 (1/2)

生きていれば誰でも将来に不安を覚えることはあるだろう。しかし、自分で目標をたて毎日成長を続ければ結果が付いてくる。そして自分らしさを発揮するための「実力派あまのじゃく」を目指してほしい。

[山本真司,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 9月末に『なぜか仕事ができる人の「成長のルール」』(PHP研究所)という新刊を出した。本書は、そもそも2004年に出版した「30歳からの成長戦略」(PHP研究所)を元に、今回、図解を多用した内容に再編集した著作である。なぜ、今また「成長」を取り上げたのか?

不安にさいなまれる日々

 世界の金融・経済情勢、我が国の将来、そして自分の働いている業界、事業、仕事について考え始めると不安にさいなまれる。不確定な変数が多すぎる。自分なりに将来について考えてみようと思っても、条件が複雑すぎて方程式が解けない。自分で答えが出せないと不安はさらに倍加する。不安は不健全だ。藁にもすがる思いが心の中に出てくるのだろう。冷静に考えれば極論や誇張であったりする断定的な他人の意見に染まりそうになったりもする。

わたしの危機対応計画

yamamotobook.jpg 『なぜか仕事ができる人の「成長のルール」』

 不安を鎮めるために、これからの危機対応について、自分なりに結論を出そうと考えた。ようやく結論が出た。それ以降、心安らかに今の仕事に集中することが可能になってきた。心が安まると体調も良くなり、希望の光が漠然と見えてくるような気すらする。

 じゃあ、何が「わたしの危機対応計画」か? きわめてシンプルである。第1に、最悪に備えておく。生活を律して、事業もコストを下げて運営し、個人・ビジネスの損益分岐点を大幅に下げておく。そして、自己資本部分を厚めにする努力をする。そのためには、しっかり働きしっかり稼ぐ。迷い無く、目の前の仕事に全力投球することでこれは成し遂げられそうだ。そう、いざというときのダウンサイドの固めをするのである。しかし、これだけではやる気が出ない。自分の人生が、危機に備えてあくせく生きることだけでは、どうしてもやる気に火がつかない。

毎日、1ミリ成長する

 第2に決めたこと。それは、毎日1ミリ、いや、1ナノミリで良いから、自分が成長すること。今更ながらに、自分が一生成長し続けることが1番自分を楽しく、心豊かにすることに気が付いた。考えてみると、何年かに1度、ビジネス・パーソンとして、プロフェッショナルとして、人として悩み道が分からなくなる。長考、熟慮の末に、いつでも最後にたどり着くのは「毎日、自分が成長する」という方針の再確認であった。今回も、結局そこに戻ってしまった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆