連載
» 2012年01月24日 08時03分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:人混みをかきわけ、出会いたい味「サロン・ド・ショコラ」

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 乾燥した日が続いたかと思えば、雪。本当に、寒くてまいってしまいます。私は、寒い冬、鞄のポケットに、とっておきのチョコレートをしのばせています。あぁ、寒い、冬なんて嫌と思った時、ぱくっと1粒口に入れると、温まる感じがするのです。

 とっておきと呼ぶにふさわしいチョコレートが集まる祭典「サロン・デュ・ショコラ」が1月25日から6日間開催されます。1995年にパリで始まり、日本では2003年から伊勢丹新宿店で開催されています。今年で10回目を迎え、10周年を記念したテーマは、「10Desires(10の願い)」。13カ国70以上のブランドが参加します。

120124choko.jpg

 まず注目したいのは、日本初上陸のショコラトリー。フランスから「フィリップ・リゴロ」「アン・ディマンシュ・ア・パリ」「ベルナール・ロワゾー」の3店舗と、スイスから「クリストフ・ベルジュ」がやってきます。新しいものが大好きな女性にとっては、興味津々の4店舗です。「フィリップ・リゴロ」は、2010年フランス・アヌシーにオープンしたばかりの新店ですから、味わったことがある人はまだ少ないでしょう。

120124sakura.jpg

 そして、日本を愛するショコラティエ「フランソワ・プラリュ」と「フレデリック・カッセル」からは、日本のために作られたチョコレートが登場します。「フレデリック・カッセル」は、特に日本への愛情が深いショコラティエとして知られていますが、桜をモチーフにした新作チョコレートを発表。「日本が再び立ち上がれるように。桜咲く春がやってくるように」と願いが込められました。その思いを受け止めたいですね。

 今年も世界トップレベルのショコラティエ(チョコレート職人)、M.O.F(フランスの国家最優秀職人章)パティシエが多数来日、ますますパワーアップした内容です。世界の最新ショコラ、一流のショコラの素晴らしさを体感できる1年に1度のスペシャルイベントですから、大混雑が予想されます。こちらのページに、日本初上陸などを含め、注目の15ブランドをリストアップしてあります。予習は必須。人混みに飲まれないよう、ぜひ、お気に入りのブランド目指して出かけてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆