連載
» 2012年02月22日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:素晴らしいプレゼンは15分で完了する (1/3)

しおれた植物のように活気のない、悲惨なプレゼンテーションを行っていないだろうか。映画「ジョーズ」は始まってわずか2分で、観客を引き込んでいく。目指すのはこれである。

[エグゼクティブブックサマリー]
エグゼクティブブックサマリー

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる「素晴らしいプレゼンは15分で完了する」の要点

120222book.jpg
  • 素晴らしいプレゼンテーションは15分で行うことができる(スピーチに7分、質疑応答に8分)
  • ビジネス・プレゼンテーションのほとんどは、くどく、的外れで、要領を得ていない
  • 素晴らしいプレゼンテーションをするには、練習を十分に行うこと
  • トピックは聞き手の興味を引くものでなければならない
  • 要点は3つに絞ること
  • 質疑応答のセッションでは、いかなる質問にも答えること
  • プレゼンテーションの終盤では3つの要点を繰り返すこと
  • 反対意見や質問は、説明あるいは売り込みのためのチャンスとみなし、快く受け入れること
  • 明るく、情熱的で、人を引き付ける話し方をすること
  • リサーチを十分に行い、質問を予測すること。答えられるよう準備すること

この要約書から学べること

  • ビジネス・プレゼンテーションが最悪なものになりがちな理由
  • 素晴らしいプレゼンテーションを計画し、実行する方法
  • 質疑応答セッションを成功させる方法

本書の推薦コメント

 スピーチワークス社の代表であるジョーイ・アッシャーは、人前で話をする方法をビジネスパーソンに教えています。コンパクトな本書の中でアッシャーは、素晴らしいプレゼンテーションを行うためのテクニックを紹介しています。

 その中には、例えば、プレゼンテーションの後ではなく最中に積極的に質問を受け付けたり、3つの要点のみを繰り返したりするなど、常套手段とは反するものがあります。しかし、アッシャーの教えるプレゼンテーションの方法は有益なものであり、聞き手の興味を引き付けるプレゼンテーションを行うためのステップ(リハーサルから質疑応答まで)を説明しています。

 プレゼンテーションを行わなければならない人は、アッシャーのとても有益なアドバイスの詰まった本書を読むことで、大いに助かるはずです。自信を持って堂々と、舞台に上がれるようになるでしょう。

 「プレゼンテーション」は、ビジネスマンにとって 顧客獲得のための大きなチャンスともいえる場所です。 そこで、顧客から高い評価を得て、業務を受注することができれば、会社への利益貢献にもつながり、自分自身の会社での次のポストも約束されることになるかもしれません。しかし、逆だったら……。

 プレゼンのために準備した時間がすべて無駄になり自分の成績も上がることはありません。それ故にプレゼンテーションでは失敗は許されないのです。しかしながら、多くのプレゼンテーションを見ていると、「本当にそれで良いのか?」と的を射ないものが多々あります。

 ただただ時間を浪費しているだけ、そんなプレゼンでは仕事を受注などとても難しい話だと思います。あなたのプレゼンテーションはどうなのでしょう? 「今一つどのようにしたら良いか分からない」「自信がない」といった人も多いことと思います。

 本書「素晴らしいプレゼンは15分で終了する」ではプレゼンテーションでありがちな失敗を上げながら何が悪いのかを解説し、顧客を納得させる素晴らしいプレゼンテーションのノウハウをあますことなく網羅しています。だらだらと時間をかけるのが良いというわけではありません。本当にたった15分あれば素晴らしいプレゼンができるのです。そのためにはどんな準備をすることがたいせつなのでしょうか? 知りたいと思いませんか?そう思ったら…是非ここから先を読み進めてください。

悲惨なプレゼンテーション

 ビジネスパーソンのほとんどが、しおれた植物のように活気のない、悲惨なプレゼンテーションを行っています。彼らのスピーチは要領を得ない上にくどく、聞き手に何の印象を与えることもできません。また、聞き手が抱える問題に取り組むこともできません。

 さらに、比ゆ表現やたとえ話などの興味を引くような要素を織り込むことをせず、無関係な情報や膨大なパワーポイントの資料でプレゼンテーションを肥大化させてしまいます。また、スピーチを終えた後に質疑応答のための時間を十分に取ることをしません。

 もしかして、こんなことあなたには心当たりがありませんか? もしそうなら、何が悪いのでしょう? 

簡潔に、明確に

 効果的なプレゼンテーションを行うには、全体の時間を15分以内に抑えてください。スピーチに7分、質疑応答に8分です。そして、まるで親しい友人と夕食を取りながら興味深い話をする時のように、情熱的な話し方で話してください。古いパワーポイントのスライドなど、以前も使用した資料の使いまわしは止めましょう。自分自身と聞き手の関心を引くことのできる新しい資料を用意してください。

 プレゼンテーションを15分以内に収めるには、例えば「まず、始めるに当たり、少し背景をご説明させて頂きます」などといった、特に何の情報も提供しない不必要なフレーズは使わないでください。聞き手がすでに知っている情報を再度伝える必要はありません。これから行うプレゼンテーションは聞き手にとって有意義な形で役立つものであると伝えながら、聴衆のすべての人々に資料を提供することが重要です。

 大切なこと、それは簡潔に! 明確に! です。たった15分のプレゼンであれば、無駄なことは一切省くことが必要とされます。 

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆