ニュース
» 2012年05月16日 12時16分 UPDATE

Google、世界のスマートフォン利用状況に関するデータ「Our Mobile Planet」を公開

Googleが、世界40カ国以上で調査したスマートフォンの普及・利用状況に関するデータを「Our Mobile Planet」として公開した。各国のOS別シェアやモバイル広告の認知度などをグラフで表示できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月15日(現地時間)、世界のモバイルユーザーおよびモバイルマーケティングに関する調査結果「Our Mobile Planet」を発表した。

 Our Mobile Planetでは国別の詳細な調査結果(PDF)をダウンロードできる(日本のデータはこちら)ほか、ページのグラフ作成ツールで知りたい項目についてのデータを参照することができる。

 omp 1

 同調査は、Googleが米調査会社Ipsosおよびモバイルマーケティングを推進する非営利団体MMA(Mobile Marketing Association)と共同で実施したもので、40か国以上を対象としたスマートフォンの普及状況、利用状況に関する独自の分析が行われている。Googleは昨年からこうした調査を実施しているが、このような形でデータを提供するのは初めてだ。

 ページ左下の「グラフを作成」をクリックすると、スマートフォンの利用状況やモバイル広告などについてのデータをグラフの形で参照できる。

 omp 2

 例えば、OS別でAndroidが最も大きなシェアを占めている国は日本(55%)で、ニュージーランドや米国、中国でもAndroidが首位であることや、利用しているアプリ数(平均)が最も多い(41本)のが日本であることなどが分かる。

 omp 3 OS別シェアのグラフ
 omp 4 アプリ利用数のグラフ

 Googleは、スマートフォンが普及し、重要性が高まる中、ビジネスにとってこうしたデータを研究することは非常に重要だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆